トップ > アジア > インド > デリー特派員 > 「名店」で本場のムガールカレーに舌鼓を~カーケー・ダ・ホテル~

インドインド/デリー特派員ブログ

「名店」で本場のムガールカレーに舌鼓を~カーケー・ダ・ホテル~

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2016年3月29日

「インド料理では、値段と味は連動しない」というのが、私の持論です。高級レストランは、「落ち着いてゆっくり食事ができる」というメリットがあります。ただ、味については、使われているスパイスの種類は多いものの、上品さにこだわりすぎている気がして、パンチ不足だなぁと感じることが多いです。店員についても、確かに笑顔で丁寧な接客ではあります。が、対応のスピードは遅めです。その上、年々高級レストランの単価はうなぎのぼりなので、足が遠のく一方です。


では、どこでインド料理を食べるかというと、町中のローカルレストラン(庶民派~中級)です。ただ、どこでもおいしい!ということはありません。デリーの場合「名店」「人気店」がいくつかあるので、あらかじめ調べて行きたい店に見当をつけておくことが、失敗しないコツです。今日はその「名店」のひとつを紹介します。


コンノートプレイスの北西部にある「KAKE-DA-HOTEL」(カーケー・ダ・ホテル)。ムガール料理の老舗。赤い看板と行列が目印です。
222.jpg
231.jpg


入ってすぐのところに並ぶ様々なカレーの大鍋。何杯分あるのだろう・・・。熱々が保たれています。
230.jpg


看板料理のバターチキン。いわゆるチキンカレーです。大量のたまねぎとトマトを長時間煮込んでいて、辛いのだけれど甘い!ムガール料理は「どろどろ」のイメージですが、ここのカレーは、水分多めでどちらかというと「さらさら」です。でも、味はしっかり。今まで食べたバターチキンの中で一番かも。一皿200ルピー(約340円)。途中、親切な店員がカレーを継ぎ足してくれました。さすが人気店!
224.jpg


これは、チキンプラーオ。炊き込みご飯です(一皿210ルピー/約360円)。単体で食べると、「少し物足りないかな」と感じるのですが、一緒についてくるカレースープをかけると、目の覚める美味しさ。
225.jpg 227.jpg


一品ベジタリアン料理も試してみました。これは、Subzi Seasonal(季節の野菜料理)。この日は、じゃがいもとカリフラワーのスパイス炒め。野菜の柔らかさが絶妙です。一皿130ルピー(約220円)。
226.jpg


ここは、常時大繁盛なので、店員の動きも速い!チャパティーのお代わりもすぐに持ってきてくれます。愛想は高級レストランに負けるかもしれませんが、機敏さはピカイチです。
232.jpg


目の前の皿に集中し、熱さと辛さにしびれながらも腹がふくれるまで闘う!これぞインド料理の醍醐味。食べすぎに注意しつつも、ぜひ楽しんでください。
223.jpg


*****KAKE-DA-HOTEL(カケー・ダ・ホテル)*****
住所:67, Municipal Market, Connaught Circle, Connaught Place, New Delhi
電話:+91-(0)11 23411580
営業時間:12時~23時半

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

nok

インド・デリー特派員のnokが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

インドインド/デリー特派員
名前:nok

nok

デリー特派員トップにもどる

その他のインドの特派員

デリー/ニューデリーを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

デリー特派員トップにもどる

トップ > アジア > インド > デリー特派員 > 「名店」で本場のムガールカレーに舌鼓を~カーケー・ダ・ホテル~

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について