トップ > アジア > インド > デリー特派員 > デリーからの小旅行③コルビュジェの街、チャンディーガルへ日帰り列車旅【前編】

インドインド/デリー特派員ブログ

デリーからの小旅行③コルビュジェの街、チャンディーガルへ日帰り列車旅【前編】

カテゴリー:交通・鉄道・航空 / 旅行・ツアー・ホテル / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2016年2月29日

インドにいる間に一度は行ってみたい街に「チャンディーガル」がありました。インド独立後、ネルー首相の意向を受け、近代建築の巨匠、ル・コルビュジェが都市計画に携わった街です。この街に建つ「オープン・ハンド」のモニュメントは、テレビや写真で目にしたことのある人も多いのではないでしょうか?
81.jpg


漠然と「泊まりがけじゃないと行けないだろうなあ」と思っていたのですが、調べると、デリーから車で4~5時間、列車で最短3時間半と十分日帰りできそうだと分かり、早速訪れてみました。列車は1日10便ほど出ていますが、「シャタブディーエクスプレス」(インド鉄道の中で、最も速く遅れの少ない列車)が便利。ニューデリー駅7時40分発、チャンディーガル駅11時5分着です(266km)。
82.jpg


エアコン付の普通席で600ルピー(約990円)、一等席で1200ルピー(約1980円)。それぞれ軽食&朝食代込みです。久々の列車にわくわく。普通席でしたが、新聞の用意もありました。二席で一部、隣の席の人と共有するというのがインドらしいというか・・・。
83.jpg


乗車口の隣には、乗客名簿が張り出されるのでチェック。そのうち「個人情報保護」ということで、なくなりそうな気もします。ちなみに、そこかしこで目にする赤い服の人は、荷物を運ぶポーター。数十ルピーで重い荷物を座席まで運んでくれます。
84.jpg
85.jpg


駅のホームは面白い!歯磨きをする人たちです。数日、列車に乗りっぱなしということも多いので、日常風景なのでしょう。
86.jpg


キオスクでは、雑誌や日用品のほか、処方箋なしで帰る薬の取り扱いもあります。時刻表もここで手に入ります。
87.jpg


出発する頃には満席に。それにしても、みんな大荷物。荷物棚はいつも取り合いです。
88.jpg
89.jpg


出発後まず、水、クッキー、マンゴージュース、紅茶(ティーバッグとお湯のポット)が配られます。ビスケットだけ食べて、あとはほとんど手をつけません。衛生的に心配というわけではなく、トイレに行きたくなるのが嫌なのです。できれば避けたい列車のトイレ・・・(大概の場合、掃除されているのですが、まれに「うぎゃーっ」と叫びたくなることが・・・。入るまでその状況はわからないのがコワい)。
90.jpg


その後、待ちに待った朝食。ベジタリアンかノンベジタリアンかを聞かれます。ベジメニューは、コロッケ。ノンベジメニューはオムレツ。町中では進んで食べないものも、列車で出されるとおいしく感じます。その後また、ティータイム(コーヒーもあり)。
91.jpg
92.jpg


列車の楽しみは車窓からの風景。凧揚げを楽しむ子どもたちや、牛と洗濯物をぼーっと眺めます。心が落ち着きます。
93.jpg
94.jpg


30分遅れでチャンディーガル駅到着です。
95.jpg


<デリーからの小旅行③コルビュジェの街、チャンディーガルへ日帰り列車旅【中編】、に続く>

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

nok

インド・デリー特派員のnokが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

インドインド/デリー特派員
名前:nok

nok

デリー特派員トップにもどる

その他のインドの特派員

デリー/ニューデリーを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

デリー特派員トップにもどる

トップ > アジア > インド > デリー特派員 > デリーからの小旅行③コルビュジェの街、チャンディーガルへ日帰り列車旅【前編】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について