トップ > アジア > インド > デリー特派員 > チベット文化の広がる地域 in デリー【後編】

インドインド/デリー特派員ブログ

チベット文化の広がる地域 in デリー【後編】

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2015年12月15日

昼食は、人気ゲストハウスに隣接するネパール料理の店で取ることにしました。重く黒い扉を開けて中へ。
IMG_1381 (360x480).jpg IMG_1404 (360x480).jpg


暗めの照明ですが、落ちついて清潔な店内。
IMG_1384 (480x360).jpg


定番、チキンターリー(200ルピー/約360円)。盛り付け方や彩りに国民性の違いを感じることができて面白いです(インドよりもネパールのほうが繊細)。カレーは薄味ですが、見た目よりオイリー。チンゲン菜のにんにく炒めやカリフラワーのカレー炒めは、とてもおいしかったです。
IMG_1395 (480x360).jpg


チキンカレー以外はお代わり自由。重厚感ある銅の入れ物で、いい音が鳴りそうです。
IMG_1400 (350x480).jpg


こちらは、ネパールの軽食、ワイワイサデコ(50ルピー/約90円)。ベビースターラーメンのような麺を野菜とあえたもの。ジャガイモ入りなのが惜しい(イマイチ麺と合わない)けれど、B級グルメを彷彿とさせる味。ビールを飲みたくなります。
IMG_1388 (480x360).jpg


定番のチキンモモ(100ルピー/約180円)も。インドのものは皮が分厚いものが多いのですが、ここのは薄め。肉汁じゅわぁっということにはなりませんでしたが、しょうがの風味高く、懐かしい味でした。包み方&並べ方の丁寧さもイイ(→比較のためにデリー町中の食堂のモモ(写真下)を並べてみました)。
IMG_1399 (360x480).jpg IMG_1217 (480x360).jpg


お腹がはちきれそうだったのですが、気になるカフェがあり、食後、行ってみました。
IMG_1417 (359x480).jpg


この開放感と自然光の明るさ!インドでは貴重。内装もおしゃれです。
IMG_1422 (344x480).jpg IMG_1425 (480x360).jpg


Tibetan Butter Salt Tea(40ルピー/約70円)とVirgin Mojito Krushers(130ルピー/約240円)。ほっとできるひとときです。
IMG_1423 (480x360).jpg


ガラスケースにはペイストリー類がたくさん。3種類をテイクアウト。
ティラミスとブルーベリーチーズケーキは「もうひといきかな」という味でしたが、アップルパイには大満足。写真を見ていると、また食べたくなります。
あー、こんなカフェが家の近くにあればなぁ。。。
IMG_1431 (480x360).jpg


典型的な「this is india!!!」を離れ、チベットの空気を体験できる町。ここを訪れると、チベット自治区の歴史や現状がどうなっているか、少し調べてみようか、という気になるかもしれません。
IMG_1408 (480x360).jpg


★Ama Thakali★
住所:House 15-16, New Aruna Nagar, Majnu ka Tila, New Delhi
営業時間:12:00-22:00

★Ama Cafe★
住所:House 6, New Colony, Majnu ka Tila, New Delhi
営業時間:07:00-21:40

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

nok

インド・デリー特派員のnokが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

インドインド/デリー特派員
名前:nok

nok

デリー特派員トップにもどる

その他のインドの特派員

デリー/ニューデリーを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

デリー特派員トップにもどる

トップ > アジア > インド > デリー特派員 > チベット文化の広がる地域 in デリー【後編】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について