トップ > アジア > インド > デリー特派員 > もちろん「安い」「早い」「うまい」インドの屋台メシ

インドインド/デリー特派員ブログ

もちろん「安い」「早い」「うまい」インドの屋台メシ

カテゴリー:お題 / レストラン・料理・食材 投稿日:2015年4月29日

「安い」「早い」「うまい」-屋台メシに求めたい世界共通の3つのポイント。インドにも、これらの要求を満たしてくれる屋台フードがたくさんあります。



まずは、インド版野菜コロッケの「アールー・ティッキ」。つぶしたじゃがいもをたまねぎ、香草、スパイス類と混ぜて丸め、揚げ焼きしたものです。

21.jpg


全く辛くなく、外はカリッ、中はフワッ。緑のソース(ミント)と赤のソース(ケチャップとウスターソースを混ぜた感じ)がよく合います。懐かしさを感じる味で、ボリュームもたっぷり。ひとつ20ルピー(約40円)です。

22.jpg



2番手は、「ゴール・ガッパー」。ぷっくり膨らんだ小さなプーリー(揚げパン)にじゃがいもを野菜や豆、スパイスで炒め合わせた具を入れたもの。これを緑と赤の・・・って、あれっ、「アールー・ティッキ」と同じじゃないか?!と思ったアナタ、するどい!!じゃがいものスパイス炒めは屋台の至るところで発見できます。ちなみにこちらは、ソースというより、水分の多いスープにひたして食べます。

23.jpg


ひとつ食べるごとに店の人がわんこそばのような形式で次のプーリーを足してくれ、5個で20ルピー(約40円)。ちなみにこの店は、水も氷もミネラルウォーター、オジサンはビニール手袋着用で、清潔さがウリだそう。

24.jpg



続いて、インド人の知人が「インド人は一番よく食べるけど、外国人にはあまりなじみのない食べ物」という「チョーレー・パラタ」。自転車一台のコンパクトな屋台です。

25.jpg


チョーレーというのはひよこ豆のカレー。パラタとは、チャパーティーの生地に油を加えて焼いたもの。見た目からは、単調なぼやけた味を想像しますが、細かく刻まれたチリやライムが絶妙な役目を果たし、ピリッとスパイシーな味に。

26.jpg


学校帰りの子どもたちが一心不乱にほおばっているのをよく目にします。こちらも20ルピー(約40円)。

27.jpg



ほかにも、サモサやドーサーなどのおなじみ屋台もあります。いずれも、じゃがいもや豆などの安くて保存がきいてお腹にたまる食材をうまーく化けさせていて、さすがのアイディアだなあと、うならずにはいられません。





(4月お題"フードワゴン(屋台)")

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

nok

インド・デリー特派員のnokが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

インドインド/デリー特派員
名前:nok

nok

デリー特派員トップにもどる

その他のインドの特派員

デリー/ニューデリーを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

デリー特派員トップにもどる

トップ > アジア > インド > デリー特派員 > もちろん「安い」「早い」「うまい」インドの屋台メシ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について