トップ > アジア > インド > デリー特派員 > バスルーム大改造!

インドインド/デリー特派員ブログ

バスルーム大改造!

カテゴリー:お題 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2014年3月 6日

bad1.jpg

私の東京以外のもう1軒のウィーンのバスルームのお話です。
両親が訪問するというので半年前からおおがかりなリフォームをすることにしました。
やろう!という気合いがないと、中々進まないのがリフォーム。とはいえ、オーストリアもDIYのお国柄。持つべきものは器用な友人&プロの配管工事する人。っていうことで、とうとうリフォームが始まりました。

bad2.jpg

前からお風呂は全てブルーに統一をしていた私は、この際一気にシンプルにする決意をしました。本当はお風呂につかりながら、遠いギリシャの海を思っていたのですが青を卒業することにしました。バスタブも、洗面台もブルーでしたが全て捨てました。バスタブは農家の馬やに寄付して、馬の水飲み場にしていただきました。

bad5.jpg

オーストリアではお犬さまも同伴当然だったので、愛犬インディも、喜んでIKEAに行ったり、イタリア製が多いタイルやに行ったりしていました。IKEAでは、レストランも犬同伴が許可されているので、水をのませてもらったり最高でした。そこでは、洗面台を買う事にしていたので即日ゲット出来るのが嬉しいです。というのも、運動靴を洗えるくらいの大きな洗面台が必要だったからです。汚し盛りの男の子もいる家としては、これくらい大きいと助かります。

bad6.jpg

今回は白を基調にしていたので、タイルも白。そして寂しいからジャマにならない程度の模様も入れてみました。私も頑張ってタイルを切ったりヘルプしたりと大奮闘。今までキッチンにあった洗濯機も入れる事が出来て、室内干しも楽になりました。

bad7.jpg

バスタブの素材もあまりつやのあるのを避けて、ほどよい肌触りのバスタブを何十とあるバスタブから選びました。最低25年はもたせるので、こちらも真剣です。
全て慎重に選び、悩み、とうとうバスルームは完成。ハーブティーをのみながら明日タブの周りにキャンドルを灯して入浴することもあるので、私にとってバスルームはとっても大切な場所なのです。将来の事を考えて右側には手すりもつけました。

しかも犬のトリミング用の台もつけて、完璧に仕上がりました。洗面台の上には化粧品やら歯ブラシなど全て大きな棚に入れるので常に洗面台はスッキリ。

bad8.jpg
でも、青は結局捨てきれずに床のタイルとドアは濃紺に仕上げました。

3月お題"バスルーム&洗面台"

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

パッハー 眞理

インド・旧デリー特派員のパッハー 眞理が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

インドインド/旧デリー特派員
名前:パッハー 眞理

パッハー 眞理

デリー特派員トップにもどる

その他のインドの特派員

デリー/ニューデリーを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

デリー特派員トップにもどる

トップ > アジア > インド > デリー特派員 > バスルーム大改造!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について