トップ > アジア > インド > デリー特派員 > 青の街、タール砂漠の入り口 (ジョードプル1)

インドインド/デリー特派員ブログ

青の街、タール砂漠の入り口 (ジョードプル1)

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2014年2月 5日


ジョード1.jpg

1459年にラージプート藩王国のラーオ•ジョーダによってマルワール王国の首都として創立されました。ここもお城の街で、10㌖の城砦に囲まれて旧市街があります。そして城壁の上には宮殿が構えられていて、上を見たら圧倒されてしまいそう。色々な国を旅した私も、ここまで城、城攻めにあったのも珍しいので、夢にまで細密画とか壁に彫られている模様が断片的に出て来ます。

インドが英国から独立をしたのが、1947年。その3年前に完成したという宮殿、ウメイド•バワン宮殿へ今日は行ってみましょう。そこには現在でも、マハラジャの家族が住んでいます。一部は宮殿ホテルになっていて、その半分は博物館のため、公開されていました。

ジョード2.jpg

ちょうど、ランチ休憩にドライバーが気をきかせて立ち寄ってくれました。また彼がレストランの人に取材を兼ねて来ている云々を言ったようで、帰り際にステキな瞳を持ったスタッフの一人が、館内全てをくまなく案内してくれました。

ジョード3.jpg

ここも、泊まり客のフランス人グループがたくさん来ていました。これからチェックインをするらしく、昼間からビール、ビュッフェと大忙し。私たちは大人しくアラカルトだけです。あまりたくさん食べても、眠くなるし。

ジョード4.jpg

宮殿内にあるスパは、マハラニ担当者がいて、説明をしてくれました。シロダーラの設備もあって、羨ましいかぎりです。とにかく、とてつもなく広いんです!
ビリヤード室やらお茶を飲むテラスにプール。
こんな所に1週間、何も考えずに泊まれたら最高だろうな〜と思いました。

ジョード5.jpg

英国製のオープンカーも展示してあり、大富豪って感じで暫し言葉もありませんでした。1906年もののOverlandやらBuick(1947) などインパクトがあります。マハラジャファミリーがファミリーカーとして使っていたらしくて、当時の道はもっとガタガタだったのだろうな?と思いました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

パッハー 眞理

インド・旧デリー特派員のパッハー 眞理が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

インドインド/旧デリー特派員
名前:パッハー 眞理

パッハー 眞理

デリー特派員トップにもどる

その他のインドの特派員

デリー/ニューデリーを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

デリー特派員トップにもどる

トップ > アジア > インド > デリー特派員 > 青の街、タール砂漠の入り口 (ジョードプル1)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について