トップ > アジア > インド > デリー特派員 > 寒いデリーからの逃避の旅2

インドインド/デリー特派員ブログ

寒いデリーからの逃避の旅2

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2013年2月21日

 ブギス&アラブストリートへ!モスクがあるというので、アラブ世界を堪能しようと言う事で,行き着いたのがブギス駅。行きは面倒なのでタクシーで行きました。
 アラブ1.jpg

 サルタン•モスクは黄金の屋根がきれいに青空に映えた素晴らしい寺院です。デリーのようにごったがえしていなくて、整然としています。ちょっと肩すかしを食らってしまったような気がします。もう少しアラブストリートって人間臭くて、モロにアラブの風が吹き捲くっているエリアじゃないの?と勝手に想像していたものだからです。どこを見ても都市計画がきれいになっているために感嘆してしまう。

アラブ2.jpg

 ちょうどお祈りをしている人がいたけれど、たった一人。時間がきっとお祈りの時間ではなかったのでしょう。

 ハジャ•ファティマモスクも国定史跡ということで、足を伸ばすとエレガントな建物です。そして女性専用の祈りのスペースがありました。ただし、とても小さい所でしたが。建設させたのが女性なので,もう少し広いスペースでもいいのでは?と思いましたが。トイレにも、足を洗う場所がありました。他にも体を清める場所がありました。

アラブ3洗面.jpg

 アーケードの中になっているアラブストリートは、布ばっかりの通りでした。カンダハールストリートは飲食の店。安いマレイの料理店があるらしいけれど、いつも遅めの朝食を満腹になるまで食べてしまうので、地元の料理やら屋台が中々入らぬ!まっいいか?

 19世紀の初めにアラブ系の商人が移住してきたのが始まりというアラブストリート。イスラム教徒がとても多く住んでいるのです。

 アラブチャイ.jpg

「地球の歩き方」のガイドブックで書かれていた、テ•タリというミルクティーというマレーシアの紅茶を飲ませるショップに行ってみました。ほうじ茶にスキムミルクがたっぷり入っているような不思議な味。60円なり。今日は一番の暑さでまいります。

アラブのお茶.jpg

 外に出ている茶店でタクシードライバーの憩いの場所らしいです。
店主は有名人でワハブというおじいさん。お茶を作って何十年。達人なみのパーフォーマンス。あまりの手さばきのよさに暫しシャッターチャンスを逃がしそう。インドのチャイに慣れ親しんだ舌にはちょっと、2杯目は遠慮したいという感想ですが、地元の人たちは楽しそうに飲んでいました。

アラブ茶マスター.jpg
 ここもまた多様性のある国で、シンガポールの中の異国に触れて楽しい1日でした。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

パッハー 眞理

インド・旧デリー特派員のパッハー 眞理が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

インドインド/旧デリー特派員
名前:パッハー 眞理

パッハー 眞理

デリー特派員トップにもどる

その他のインドの特派員

デリー/ニューデリーを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

デリー特派員トップにもどる

トップ > アジア > インド > デリー特派員 > 寒いデリーからの逃避の旅2

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について