トップ > アジア > インド > デリー特派員 > 自分探しのひとり旅③

インドインド/デリー特派員ブログ

自分探しのひとり旅③

カテゴリー:旅行・ツアー・ホテル / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2012年10月16日


黄金の寺院!Dugiana Mandir と言うのが正式な名前らしいです。青い空をバックに黄金ドームは眩しいようで、ワクワクしながら中に入りました。
参拝する人たちで黄金の架け橋にも凄い列です。
IMG_2393.JPG

金色のドームが750㌔の純金を使っているというから驚きです。
ドームは蓮の花を伏せた形に置かれていて、シーク教徒の「汚れなく生きる」というモットーを表しているのだそうです。

IMG_2389.jpg

アムリト池には大きな魚も泳いでいて、日本庭園で見かけるような懐かしい光景でした。この池に金色の建物が映るとまるで幻想の世界です。
色々な角度から見たり、撮影をしたりしていたらあっという間に3時間は経ってしまいました。
IMG_2367.jpg
撮影は聖堂の中は禁止ですが、デリー市内にあるシークの寺院(グルドワラ)のように4人の聖者が大きな教典グラント•サーヒフを読み上げていて、その声がスピーカーで外にまで聴こえるように放送されています。シーク教徒というのはインド全体の2%未満ということです。ターバンを巻き、ヒゲもそってはいけない掟がありますが、最近の若い人は髪を切っている人もいるとか。
肉食はしてもいいので恰幅のいい人が多いようです。
IMG_2396.JPG

寺院の中に博物館もあり、いかにこの土地でムガル帝国や英国に痛めつけられてきたかがパネルなどで表されている博物館にも足を運びましたが、生前のターバン姿で凛々しい姿と、残酷に殺された当時の写真との対比が何十枚と飾られていました。
IMG_2368.JPG

さすがのオカルト好きな私でさえ足がすくむような激写であったため、数時間たっても気分が晴れません。とはいえ感慨深い歴史が見えてそこでも随分長居してしまいましたが。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

パッハー 眞理

インド・旧デリー特派員のパッハー 眞理が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

インドインド/旧デリー特派員
名前:パッハー 眞理

パッハー 眞理

デリー特派員トップにもどる

その他のインドの特派員

デリー/ニューデリーを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

デリー特派員トップにもどる

トップ > アジア > インド > デリー特派員 > 自分探しのひとり旅③

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について