トップ > アジア > インド > デリー特派員 > 自分探しのひとり旅②

インドインド/デリー特派員ブログ

自分探しのひとり旅②

カテゴリー:旅行・ツアー・ホテル / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2012年10月 4日

9月30日のインド各地の報道によると、ロンドンでインド人元中将が4人組の男に襲われてナイフで刺されたということです。一命は取りとめ、現在退院しておりますが、TVのインタビューではこれは純粋なる暗殺行為だと言いました。

寺1.jpg

またもや、このアマリトサルの黄金の寺院に関連する事件かと長く尾を引いていることに驚かせられます。

1984年、黄金の寺院にシーク教過激派を排除するために、この暗殺されかかった元中将が軍隊を送り込むように指揮をとったというのです。インディラ•ガンジー首相がシークの独立国家を建設中の分離主義者を黄金の寺院から強制的に退去命令を出しました。シーク教徒の総本山にインド軍を送り込み、3000人あまりの死者を出したのです。いくら何でもこの支離滅裂な独裁政治は当然人々の反感を買い、インディラ•ガンジーは同じく84年にデリーの自宅でシーク教徒の護衛に人に刺されて亡くなりました。
寺2.jpg

血で血を洗う戦争は84年から始まったわけではなく、1919年英国から多量に殺されてしまい、それがきっかけでインドは独立するようになったのです。何万人の命が奪われました。一見穏やかに見えるパンジャブ州ですがいかに血なまぐさい過去があったかは、デリーでのほほんと暮らしていた私にはわかりませんでした。

寺3.jpg

殆どの博物館でもこのときの戦争模様のパネルや絵画がありました。
黄金の寺院から歩ける距離にあるジャリアーンワーラー庭園で大虐殺があり,今でも弾丸の跡がたくさん残っていました。2万人もの人々がちょうどデモに参加していたときに、容赦なく子どもも弾丸で殺されてしまい、6分間で400人の命を奪ったのです。英国政府がデモや公園での集会を禁じていたのです。この時のダイヤー大将は何しろ150人もの軍隊を送り込み無差別に弾丸を撃ち込みました。
寺5.jpg

この事件「アムリトサルの大虐殺」は映画ガンジーで描かれています。
今でも巡礼者が多くて、壁の弾丸の跡を見ては涙する人もいました。

このような悲劇を背景にもガンジーはアヒンサー(不殺生)を貫き、次々と集会を開いて行きました。

寺6.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

パッハー 眞理

インド・旧デリー特派員のパッハー 眞理が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

インドインド/旧デリー特派員
名前:パッハー 眞理

パッハー 眞理

デリー特派員トップにもどる

その他のインドの特派員

デリー/ニューデリーを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

デリー特派員トップにもどる

トップ > アジア > インド > デリー特派員 > 自分探しのひとり旅②

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について