トップ > アジア > インド > デリー特派員 > インド人がよく言っている「アチャ」とは

インドインド/デリー特派員ブログ

インド人がよく言っている「アチャ」とは

カテゴリー:文化・芸術・美術 投稿日:2008年6月30日

北インドを旅行したことのある人なら、旅行中に「アチャ」という言葉を、散々聞いたと思います。これから旅行する人も、帰国するころには、耳についているでしょう。

「アチャ!」とか、「アッチャー」とか、「アチャチャチャ」。

「Accha」というのは、辞書で引くと、「良い」と出ています。つまり、英語の「Good」。

でも、普通に「Good」の意味で使われるだけではありません。北インドでは、相槌、感嘆など、いろいろな場面すべて、この「Accha」が使われます。

●普通にGoodの意味で使われる時。

「Accha Ladka」=Good Boy 、「Accha kapra」=よい服、すてきな服 などなど

●その他の使い方

・誰かと会話していて、「へぇ〜」なんて言う時には「アチャ〜」

・「え、本当?」なんて言う時には、「アチャ?」

・「なーるほど!」てな時には「アッチャー!」

・理解しづらかったことが分かったときなど「はいはいはい」とか、「そうかそうか、そういうことか!」と言いたくなるシチュエーションでも「アチャチャチャチャ〜」でOK。

・「ふーん・・・」と、適当にやり過ごす時にも、「アチャー・・・・」

・「やるか、コラぁ!」なんて言う時にも「アッチャ〜!?」

・電話や会話などの出だしの一言として(例えば、日本だと「えーと、〜」とか、「あ、〜」など)も、「アチャ、〜」と使われます。


と、こんな感じ。

最初は、「アチャー」なんて言ってしまう自分に慣れなくて、躊躇してしまうのですが、慣れてくると便利なあまり、病みつき。今では、電話でも「アチャ!?」などを連発しています。

また、日本語で「よく雨が降る」などという時の「よく」ってありますよね。

これも、なんとヒンディー語でも「Accha」なのです。

Accha Barish hai ...直訳すると「良い雨だ」なのですが、この場合、別にその雨が「良い」雨というわけではなく、「たくさん降るなぁ、しかし」というような意味になるのです。


とにかく「Accha」は、北インドでは最頻出単語ですので、これから旅行へ行く方、試して使ってみるとインド人と、即席で仲良くなれますよ〜!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

冬野 花

インド・旧デリー特派員の冬野 花が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

インドインド/旧デリー特派員
名前:冬野 花

冬野 花

デリー特派員トップにもどる

その他のインドの特派員

デリー/ニューデリーを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

デリー特派員トップにもどる

トップ > アジア > インド > デリー特派員 > インド人がよく言っている「アチャ」とは

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について