トップ > アジア > インド > デリー特派員 > インドの英字新聞にも多用されるインドの数字の単位

インドインド/デリー特派員ブログ

インドの英字新聞にも多用されるインドの数字の単位

カテゴリー:文化・芸術・美術 投稿日:2007年9月14日

最近はネットのおかげで、インドの雑誌や新聞の記事もそのまま読める時代です。インドはヒンディー語とともに英語も公用語としているだけあって、新聞や雑誌も英語が主流。

ですが、インド発の英語の記事をネットでそのまま読めるからといって、英語が得意な方でさえも「全く問題ない」というわけではないはず。

なぜならば、よく文中に現地の単語をそのまま使ったり(多くは斜体文字で表記される)する事も多いからです。そのような斜体での現地単語を多用した記事は非常に一般的で、インド人もしくは、インドに精通した人でないとよく理解できないと思われます。

その中でも筆頭に上がるのが、数字の単位でしょう。特に次に上げる2つの単位はインドに関わるのなら、知っておくに限ります。

★「Lakh(ラーク)」や「Crore(カロール)」って何の事?

「Lakh(ラーク)」や「Crore(カロール)」とは、数字の単位の名称です。

ヒンディー語では、千以降の数字の単位は、ゼロが2ケタ上がるごとに1単位あがります。

百(ソォー)、千(ハザール)と来たら、次の日本語の「万」にあたる単位はありません。「ダス・ハザール」つまり十千となります。ここまでは英語と同じですね。

ですが英語と同じなのはここまで。その後は、英語のように百千とはなりません。
インド独自の数え方、単位があります。


LAKH(ラーク)・・・・10万(100,000)の事。

インド発の英文記事などで、「Rs. 〜lakh」(〜ラーク ルピー)と書かれているのをよく目にするかと思います。

1Lakhと言えば、10万(100,000)の事。
10Lakhと言えば、100万(1000,000)の事です。


●CRORE(カロール)・・・・1千万、10,000,000 の事。

これもインド発英文記事でしょっちゅう目にするかと思います。「C'rore」というような書き方の場合も多いです。発音は「クロア」などではなく、「カロール」。

1Croreと言えば、1千万(10,000,000)の事。
10Croreと言えば、1億(100,000,000)の事です。

ヒンディー語には「カロールパティ(Crorepati)」という言葉がありますが、これは日本語で「億万長者」、英語の「ミリオネア」に値する言葉。直訳すると「千万だんな」というような意味です。

インドにも、アメリカの「クイズ・ミリオネア」をマネした番組(日本ではみのもんたの)がありますが、その番組名も「Kaun Banega,Crorepati(カォン バネガ、カロールパティ)」(億万長者になるのは誰?)です。スタジオのデザインや番組の雰囲気までが「クイズ・ミリオネア」にそっくりです。

ラーク、カロールの後も、ゼロが2ケタづつ上がるに従って単位が変わっていきますが、それはもう一般的には目にする事はないかと思います。

インド、日本、英語、でそれぞれ数字の単位が違うのは、ただでさえレート換算でこんがらがる頭にとっては頭痛の種。

ましてや、英字新聞なのに単位だけは自国のものを使うなんて、弱い頭が更にこんがらがります。

だって、試しに日本に置き換えた場合に、英字新聞に「1ーMan-Yen」とか、「10OーOku-Yen」などと書くのと同じという事になりますよね。


インドに関しては、

・「千」以降はゼロ2桁につき、1単位上がる事。
・「ラーク」と「カロール」
を知っておくだけで、ずいぶん違うと思います。

suuji.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

冬野 花

インド・旧デリー特派員の冬野 花が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

インドインド/旧デリー特派員
名前:冬野 花

冬野 花

デリー特派員トップにもどる

その他のインドの特派員

デリー/ニューデリーを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

デリー特派員トップにもどる

トップ > アジア > インド > デリー特派員 > インドの英字新聞にも多用されるインドの数字の単位

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について