トップ > ヨーロッパ > オランダ > デルフト特派員 > オランダ名物?寄付で成り立つリサイクルショップ【kringloopwinkel】

オランダオランダ/デルフト特派員ブログ

オランダ名物?寄付で成り立つリサイクルショップ【kringloopwinkel】

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2021年9月18日

こんにちは。デルフト特派員のあおです。

これまでデルフト特派員として活動してきましたが、このたび日本へ戻りました。
現地在住ではなくなってしまいましたが、最後にいくつか紹介したいことを記事に残してから、特派員活動を締めくくりたいと思います。もう少しだけお付き合いいただけたら幸いです。


さて、今回の引越しでは、オランダのKringloopwinkelを利用する機会がありました。
Kringloopwinkelというのは、いわゆるリサイクル(またはセカンドハンド)ショップのこと。

日本でもリサイクルショップは目にしますが、オランダでは日本以上に数も多く、身近な存在のように感じます。
デルフトにも規模の大小はさまざまですが、町なかにいくつも存在します。


実際に利用してみて、なんとも特徴的だと感じたので、今回はそんなKringloopについて紹介します。


渡して終了!寄付で成り立つオランダのリサイクルショップ"Kringloopwinkel"


オランダで物を手放す方法は、日本と似ていました。
Marktplaats 」というフリーマーケットサイトを利用する、知人に譲る、粗大ごみとして処分するなどなど。ほかには、家の前にGratis (無料)の貼り紙付きで置いておく"ご自由にどうぞ"スタイルもたまに見かけました(笑)


そうしたなかで、今回kringloopwinkelも利用してみることにしたのですが、理由は、"確実かつ簡単に、でもゴミにせずに"手放すことができそうだったから。


kringloopwinkelは、リサイクルショップですが、買取ではなく寄付で成り立っているそうです。

店によって引き取る基準はさまざまだと思いますが、きちんと使える状態ならなんでも大歓迎というお店も多いようです。
引越し直前で期限が迫っている状況だったのでこれはありがたいと思い、私もkringloopwinkelに持ち込むことにしました。


そうは言っても断られたらどうしようかと、内心すこし不安になりながら不用品を引き取りカウンターへ持って行ったのですが......

"Dankjewel!"(ありがとう) とだけ言われ、10秒足らずであっけなく譲渡終了。品物の確認をする素振りもなしでした(笑)

IMG_3801.jpg
別の店では、店の定休日に、ドアの前に寄付品が置き去りにされている光景も......


日本だと需要のないものは受取り拒否をされることも多かったので心配していましたが、完全に杞憂に終わりました。

運がよかっただけなのでしょうか? この仕組みのおおらかさには驚きましたが、不用品をゴミにしないためのハードルが低いのはいいことだと感じました。


豊富な品揃え!見始めると止まらない店内



次に、kringloopwinkelの店内を見てみましょう。


デルフト周辺の店を見た限りですが、ひと言で表すと、なんでもあります。

IMG_3928.jpg
たとえば、このRataplan という郊外にある大型店。ここは、建物がまるごとリサイクルショップなので、並んでいる商品の数にも種類にも圧倒されました。

IMG_4193.jpg
家具家電から、衣類、食器、古本や玩具、絵画まで!取り扱うジャンルは幅広く、品揃えはとにかく豊富。
引取り基準のゆるさからも想像がつきますが、商品の状態はピンキリでした。用途不明の物や、もはや捨てた方が......と思える物もありますが、まだ使えるからという合理的な理由が勝ってるのかもしれません。

IMG_3922.jpg

しかし、なかには掘出し物や心ときめく出合いもあり、まさに宝探しのよう。見始めると止まりませんし、何度も足を運びたくなる魔力があります。特にヨーロッパの食器や雑貨の好きな方にとっては、俗にいう「沼」かもしれません。

IMG_3831.jpg
▲こちらは別のkringloopwinkelの食器コーナー。レトロでかわいらしくて、棚ごと持ち帰りたくなります。

IMG_4029.jpg
▲趣のある古い時計や
IMG_4031.jpg
▲デルフト土産にもよさそうな絵なんかもありました。


オランダ人は倹約家だと聞きますが、新品にあまりこだわらない価値観みたいです。
何か購入する際は自然とリサイクルショップも選択肢に入るようで、どこのkringloopwinkelへ行っても幅広い世代の方でにぎわっていました。
むやみにオランダを美化したいわけではないですが、"エコ意識"が特別高い感じでもなく、かといってケチケチし過ぎた感じもなく、自然体で「まだ使える物を使い続ける」スタイルが根づいていると感じました。


オランダならではともいえるkringloopwinkel。興味のある方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

参考までにふたつほどデルフト周辺の店を載せておきます。ほかにも小さなkringloopがたくさんあるので、訪れてみてください。

■Rataplan(Den Haag店)
・住所: Laan van Waalhaven 213a, 2497 GL Den Haag
・URL: https://rataplan.nl/


■Leuke Boel
・住所: Papsouwselaan 119, 2624 AK Delft
・URL: https://www.leukeboel.nl/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

あお さん

オランダ・デルフト特派員のあお さんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オランダオランダ/デルフト特派員
名前:あお さん

あお さん

2019年冬よりデルフト在住。歴史的・文化的要素の充実ぶりやどこを切り取っても絵になる町並みに魅せられ、デルフトをより深く知るべく日頃から市内散策に勤しんでいます。食べることも大好きで、スーパーや市場、カフェ、レストランでオランダグルメを開拓するのも日々の楽しみのひとつです。
デルフト情報はもちろん、近隣都市の観光やオランダ滞在で役立つ知識などさまざまな情報をお伝えしていきたいと思います。 DISQUS ID @disqus_UR5ZWxGVpg

デルフト特派員トップにもどる

その他のオランダの特派員

デルフトを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

デルフト特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > オランダ > デルフト特派員 > オランダ名物?寄付で成り立つリサイクルショップ【kringloopwinkel】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について