トップ > ヨーロッパ > オランダ > デルフト特派員 > 春のオランダを満喫!チューリップ畑サイクリング

オランダオランダ/デルフト特派員ブログ

春のオランダを満喫!チューリップ畑サイクリング

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年5月16日

ED0D7A03-59BA-4E5F-8FBE-1590435F87BB-32641-000010E9AB5C9109.JPG

こんにちは、デルフト特派員のあおです。


オランダの絶景としても有名なチューリップ畑。

先月、そのチューリップ畑のサイクリングに行ってきました。今年2021年は新型コロナだけでなく寒さの影響もありましたが、それでも思い出に残るすばらしい体験となりました。


今回は、そんなチューリップ畑のサイクリングについて私の体験談を紹介します。
事態が収束し、春のオランダを旅行できるようになったときは、ぜひ参考にしてみてください。

広大な球根栽培地帯「Bollenstreek」をサイクリング!


オランダは花の国と呼ばれるだけあり園芸産業がたいへん盛んですが、なかでもハーレムからデン・ハーグにかけて広がるエリアは、ボーレンストレーク(Bollenstreek)と呼ばれ、球根栽培地帯として特に有名です。水はけのよい砂質の土壌と海沿いの気候がチューリップやヒヤシンスなどの球根栽培に適しているそうです。 キューケンホフ公園もこのボーレンストレークにあり、世界中から花の絶景を求めて観光客が押し寄せる地域なのです。


私は今回、ボーレンストレークの中にあるリッセ(Lisse)という町を起点に約35kmのサイクリングルートに挑戦しました。


サイクリング当日は4月下旬。例年であればチューリップが満開を迎えている頃ですが、今年は寒さのため開花しているのは6~7割くらいでした。コロナの影響もありチューリップの栽培自体も減っているようです。
A79721DC-263B-4AB3-AAB2-59AB59B0E366-32641-000010E8B2555011.JPG

ですが、水仙やヒヤシンスなどチューリップ以外の花も咲いていたので、物足りなさは感じませんでした。
この日足りなかったのはむしろ爽快な青空です。どんよりとしたくもり空ばかりで感動が伝わりにくいですが、こういう天気はある意味オランダのありのままの姿です......(笑)
81CF3027-0FC3-4796-BC61-60C5A6C67D13-32641-000010E8AB25EBA7.JPG

210FB4E5-2306-4E36-9B9B-AD26F5941026-32641-000010E92FF0F94C.JPG
5433FE0F-2390-43BC-BFA4-4D03A9D74DEC-32641-000010E96B49E599.JPG
オランダの農業地帯らしいのどかな風景の中に、赤、黄色、白などカラフルな花の絨毯が視界に飛び込んできます。
ヒヤシンスのいい匂いも辺り一帯に漂っていて、チョウやハチってこういう気分?と想像してみたり。風を切って走るのも心地よく、五感を最大限に使って楽しむことができたのは、サイクリングだからこそ! 最高にオランダらしい体験となりました。


チューリップ以外も楽しめる寄り道スポット


サイクリングルートには、チューリップ以外にも楽しめるスポットがありました。


■キューケンホフ城

2B4F2CDD-7FD3-4232-9BEB-2D0AE5FA26D4-32641-000010E8DEDF5DF6.JPG
キューケンホフ公園のすぐ隣にある城で、かつてオランダ東インド会社の提督の住まいとして建てられたそうです。敷地内には無料で入ることができるので、気軽に散策を楽しめます。城内は特定の日にしか公開されていませんが、敷地内には花壇の美しい庭や美術館、カフェもあります。
小さな牧場や遊具、散策コースなども充実しているので、小さい子供の気分転換にもぴったりな場所でした。
961A8B53-44DC-4843-947E-FB0591EF10A9-32641-000010E90197925E.JPG

■キューケンホフ城(Kasteel Keukenhof)
・住所: Keukenhof 1, 2161 AN Lisse
・URL: https://kasteelkeukenhof.nl/nl/

■Noordwijkの海岸沿い
オランダの沿岸部には砂丘(duin)が結構あって、ノードウェイク(Noordwijk)の辺りもそのひとつ。
土地の低いオランダにとって砂丘は防波堤の役割も果たしますが、木や草がたくましく生い茂っており、自然公園としても親しまれています。サイクリングルートはそのすぐそばを通りますが、海沿いだとにわかには信じられないくらい広い自然公園が広がっています。
こうした砂丘もまた、オランダらしい風景のひとつ。時間に余裕のある方は散策してみるとオランダならではの自然を体感できます。


有料のフラワーファーム


私は今回時間の都合で訪れませんでしたが、観光者向けに有料で開放している農家もおすすめです。

チューリップ畑の中で記念撮影ができたり、チューリップ摘みなどを楽しむことができ、現地でもたいへん人気があります。


チューリップ畑はあくまでも球根がメイン。開花からある程度経つと花をすべて刈り取ってしまうので、楽しめる期間が限られています。

また、そもそも個人の畑(=私有地)ですので立ち入りも禁止です。日本でも、田んぼや畑には無断で侵入しませんよね。
花畑には頑丈な柵や立入禁止の看板が設置されていることも多く、沿道から眺めて楽しむのがマナーです。
たまに柵のない畑に人が集まっていますが、観光客が許可もなく入ってしまうことが毎年問題になっています。たくさんあるうちの一株でも農家の方にとっては大切な商品です。チューリップを傷つけないためにも畝の間を歩いたりせず、手前で楽しむようにしましょう。(参照:オランダ観光公式ウェブサイト


有料開放している農家については、以下の公式ウェブサイトにたくさん紹介されています。どこもとても魅力的なので、気になる方はぜひ確認してみてください。
Visit Duin & Bollen Streek


次回は、自転車のレンタルについて詳しく紹介します。



Instagramでもデルフトの風景を投稿しています。こちらもぜひご覧ください。@mooi_delftgram


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

あお さん

オランダ・デルフト特派員のあお さんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オランダオランダ/デルフト特派員
名前:あお さん

あお さん

2019年冬よりデルフト在住。歴史的・文化的要素の充実ぶりやどこを切り取っても絵になる町並みに魅せられ、デルフトをより深く知るべく日頃から市内散策に勤しんでいます。食べることも大好きで、スーパーや市場、カフェ、レストランでオランダグルメを開拓するのも日々の楽しみのひとつです。
デルフト情報はもちろん、近隣都市の観光やオランダ滞在で役立つ知識などさまざまな情報をお伝えしていきたいと思います。 DISQUS ID @disqus_UR5ZWxGVpg

デルフト特派員トップにもどる

その他のオランダの特派員

デルフトを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

デルフト特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > オランダ > デルフト特派員 > 春のオランダを満喫!チューリップ畑サイクリング

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について