トップ > ヨーロッパ > オランダ > デルフト特派員 > ガイドブックに載っていない?オランダのB級グルメ「カプサロン(Kapsalon)」

オランダオランダ/デルフト特派員ブログ

ガイドブックに載っていない?オランダのB級グルメ「カプサロン(Kapsalon)」

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年3月 7日

こんにちは。デルフト特派員のあおです。


皆さんは、オランダの食文化にどんなイメージをお持ちですか?


おそらく「オランダの食文化はさびしい」というイメージが強く、食事に期待をしていない方が多いのではないでしょうか。

たしかに伝統料理には素朴なものが多いので、食への関心が高い日本人からすると物足りなさを感じるかもしれません。しかし、移民が多く、かつてインドネシアが植民地だった影響もあり、実際に生活してみると意外にもバリエーションに富んだ食事を楽しめます。


そんなオランダの食についても今後紹介していきたいと思いますが、今回は、まだガイドブックに載っていないオランダグルメ、その名も「カプサロン(Kapsalon)」について紹介します。



カプサロンとは?

「カプサロン(Kapsalon)」は、オランダ・ロッテルダム発祥のいわゆるB級グルメ。

20210306_1.JPG

アルミ容器の底にフリッツ(フライドポテト)が敷き詰められ、その上にどっさりのったケバブの肉、たっぷりのソースにチーズ、そして一番上にサラダがトッピングされた食べ物で、見ての通りボリューム満点でハイカロリーな一品です。


オランダ発祥とはいえ、中東系の食事がベースになっているメニューなので、興味のある方はケバブ屋や中東系のファストフード店に足を運んでみてください。



カプサロン(Kapsalon)は、本来オランダ語で「床屋、美容室」という意味の単語。

そのため、"kapsalon"の単語だけを頼りに検索してしまうと、本物の床屋にたどり着いてしまうので要注意です。

一説によると、ロッテルダムのある床屋の店員が、行きつけのケバブ屋で大好物のフライドポテトとケバブを組み合わせた独自メニューをお願いしたのがきっかけで「カプサロン」という食べ物が誕生したのだとか。それが瞬く間に人気メニューとなってオランダ全土に広がり、いつしかそのまま「カプサロン」として親しまれるようになったそうです。


ロッテルダム駅のニックネームにも

ここでちょっとこぼれ話を。

カプサロン発祥の地でもあるロッテルダム。このロッテルダム中央駅のニックネームが「カプサロン」なのだそうです。

20210306_4.jpg

確かに言われてみると、駅舎のデザインがカプサロンのアルミ容器に似ているような。

20210306_5.jpg

ちなみに、夏などの晴れた日は日光が反射してシルバーが際立ち、余計にカプサロン度が増します。

カプサロンと本当に関係があるのか真偽は不明ですが、ロッテルダム観光に訪れる方はぜひご自身の目で確かめてみてください。




安く、おいしく、お腹いっぱいになれる隠れグルメ

20210306_3.JPG

今回、私が食べたのは、鶏肉のドネル(kipdöner)とショアルマ(shoarma)。
肉やソースの組み合わせは自分で選ぶことができ、お肉はツナやファラフェルも選ぶことができます。
上にかけるソースにもいくつか種類がありますが、ガーリックソース(knoflooksaus)かサンバル(sambal)というインドネシアのチリソースの2種類が主流です。サンバルはかなりヒリヒリするので、辛いのが好きな方にはおすすめです。


一見野菜たっぷりでヘルシーに見えますが、サラダは申し訳程度の量しかのっていません。

20210306_2.jpg

サラダをかき分けるとすぐにチーズやお肉、ポテトがどっさり見えてきます。

見た目からは想像がつきにくいですが、けっこうおいしいです。
ソースのよくからんだ肉と塩気のきいたチーズとポテトは相性抜群で、背徳感を抱きながらもフォークを口に運ぶ手が止まりません。味が濃いので、少量のサラダもちょうどいい箸休めになり、意外とバランスがとれています。
ただし、食後はものすごくのどが渇きます。カプサロンを食べに行く日は、水を多めに用意しておいた方が賢明かもしれません。


カプサロンを食べるうえで気をつけていただきたいのは、注文するサイズ。
今回注文したものはすべてスモールサイズ。この小さなアルミ容器にこれでもかというくらいぎっしり具が詰まっています。私は比較的よく食べる方だと自覚していますが、スモールサイズですら完食するのがたいへんでした。
少食の方は、スモールサイズを誰かとシェアしながら食べるくらいがちょうどいいかもしれません(ただし、新型コロナの心配がいらない世の中になっていればですが......)。


価格設定は、スモールサイズでだいたい€5~7と手頃で、「安くて、おいしくて、お腹いっぱいになれる」と三拍子そろったB級グルメなのです。




そんな現地で人気のカプサロンですが、ガイドブックではまだ見かけたことがありません。

あまり写真映えする見た目ではないからでしょうか......?

しかし、手頃な価格でオランダグルメをお腹いっぱい食べてみたい!という方にはいち押しの食べ物です。

事態が収束し、安心してオランダに旅行できるようになったら、ぜひ現地で食べてみてください!

Doner kingdam 
・住所: Peperstraat 3, 2611 CH Delft
・URL: https://www.donerkingdomdelft.nl/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

あお さん

オランダ・デルフト特派員のあお さんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オランダオランダ/デルフト特派員
名前:あお さん

あお さん

2019年冬よりデルフト在住。歴史的・文化的要素の充実ぶりやどこを切り取っても絵になる町並みに魅せられ、デルフトをより深く知るべく日頃から市内散策に勤しんでいます。食べることも大好きで、スーパーや市場、カフェ、レストランでオランダグルメを開拓するのも日々の楽しみのひとつです。
デルフト情報はもちろん、近隣都市の観光やオランダ滞在で役立つ知識などさまざまな情報をお伝えしていきたいと思います。 DISQUS ID @disqus_UR5ZWxGVpg

デルフト特派員トップにもどる

その他のオランダの特派員

デルフトを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

デルフト特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > オランダ > デルフト特派員 > ガイドブックに載っていない?オランダのB級グルメ「カプサロン(Kapsalon)」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について