トップ > 中南米 > ペルー > クスコ特派員 > クスコのスターバックスでくつろいできました

ペルーペルー/クスコ特派員ブログ

クスコのスターバックスでくつろいできました

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2016年7月10日

stabacusco01.JPG

クスコ初のスターバックスは2011年12月にオープンし、当時は世界で最も標高の高い場所にあるスターバックスとして話題を呼びました。
(現在はボリビアのラパスのスターバックスが世界一標高が高いことになっています)
その立地の良さもあり、開店以来ずっと客足の絶えない人気店となっています。
そんなクスコのスターバックスに久しぶりに行ってみました。

場所は、クスコのアルマス広場(メインスクエア)に面した一等地。
クスコの歴史地区では、看板の色などに規制が設けられているため、スターバックスの見慣れた緑色の人魚マークも黒でシックにまとまっています。
入口は、アルマス広場からロレト通りに入ってすぐに左の入り口の2階となります。

stabacusco02.JPG


内装は、非常に落ち着いた雰囲気となっています。
アンデスらしい写真が飾られていたり、コーヒー豆を入れる麻袋がディスプレイしてあります。
(上の写真、けっこう手振れしてますね。ごめんなさい。。)

お店の中は5つにパーテーションされていて、テーブル席やソファー席などお好きな場所を選べます。
WiFiもあるので、観光途中にちょっと休憩するのにぴったりですね。
今回は入り口の真ん前にある4人分のソファー席に2人でゆったり座ってくつろがせていただきました。

stabacusco03.JPG

メニューは日本のスターバックスとは違ったものもラインナップされており、ご当地の特産を楽しむことができます。
例えば、上の写真はマラクヤのチーズケーキです。
マラクヤとはペルーでよく食されるパッションフルーツの一種です。
すっぱくて美味しいですよ。

stabacusco04.JPG

フラペチーノもペルー限定味を楽しむことができます。
上の写真はチリモヤ味(白い方)とルクマ味(黄色い方)のフラペチーノです。
チリモヤはペルー原産のフルーツで、ヨーグルトのような味がします。
詳しくはこの記事を参照
 
ルクマはカボチャのようなぽくぽく感と、メープルシロップのような甘い香りを持ったペルー原産のフルーツです。
このフラペチーノは本当に美味しかったですよ!
詳しくはこの記事を参照
 
他にももう一つ、アルガロビーナと言う味のフラペチーノもあります。
これは焦がしたシロップみたいな味がします。
大人なビターなフラペチーノですが、好き嫌いが別れそう。

stabacusco05.JPG

そして、スターバックスおなじみのご当地マグカップも販売されています。
ペルーでは「Peru」「Cusco」「Lima」「Arequipa」がラインナップされています。
マチュピチュ旅行の思い出にご当地マグをゲットしてもいいですね!


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

藤本 Jorge 亮治

ペルー・クスコ特派員の藤本 Jorge 亮治が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ペルーペルー/クスコ特派員
名前:藤本 Jorge 亮治

藤本 Jorge 亮治

クスコ特派員トップにもどる

クスコを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

クスコ特派員トップにもどる

トップ > 中南米 > ペルー > クスコ特派員 > クスコのスターバックスでくつろいできました

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について