トップ > ヨーロッパ > フランス > コートダジュール特派員 > フランス語「C'est le pompon ! 」ってどういう意味?!

フランスフランス/コートダジュール特派員ブログ

フランス語「C'est le pompon ! 」ってどういう意味?!

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2021年11月13日

ちょっと変ったフランス語のひと言、今回は「 C'est le pompon! 」です。「 coup de bambou à la pompe 」についてはこちらから
https://tokuhain.arukikata.co.jp/cotedazur/2021/11/coup_de_bambou_a_la_pompe.html
21-11-501.JPG


「 pompon 」はフランス語で「 ポンポン(帽子・衣服・家具などの装飾に用いられる房飾り)」を意味します。
直訳すると「それはポンポン(房飾り)だ!」になりますが、フランス人はどういう場面で使うのでしょうか?


例えば、小さな子供がいるお母さんが子供と一緒にケーキ作りを始めたときに、お昼寝中の赤ちゃんが目を覚まして泣いています。お母さんは急いで赤ちゃんのもとへ。赤ちゃんをあやしながら戻って来ると、キッチンに居た上の子供が小麦粉をひっくり返して床中真っ白に。赤ちゃんを抱えながら床を拭こうとしたら、うっかりテーブルの上にあった牛乳パックに肘が当たって床の小麦粉の上にこぼしてしまった!! そんなとき、「 C'est le pompon! 」と言ったりします。
ネガティブな状況でさらにネガティブな事が起こり、誰に怒りをぶつけることもできず「 C'est le pompon!(お手上げ!)」という意味です。確かにポンポン(房飾り)は仕上げにもうひとつ加える飾りですよね。ネガティブな状況にさらに仕上げのネガティブな出来事が起こる......お手上げ状態でのひと言というわけです。


そのほかの意味としては、例えば、ライバルを出し抜こうとアレコレ根回しをして準備していたのにライバルはそれを上回る策を練っていたことがあとでわかって「 C'est le pompon!(一枚上手だな!)」という意味で使います。
「 pompon 」がフランスではこういったニュアンスで使われるのが興味深いところです。
21-11-500.JPG

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ティエリー

フランス・コートダジュール特派員のティエリーが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/コートダジュール特派員
名前:ティエリー

ティエリー

南フランス コートダジュールでフランス人の夫と暮らす。海外旅行好きだった私、2泊4日の弾丸ヨーロッパ 旅から5ツ星ホテルゆったりステイまでフランス、イタリア中心にその渡航回数もはや思い出せず?!現在は のんびりゆったりの南フランスライフ満喫中。自宅から徒歩5分で海、その透明度、その美しさに毎回感動。 南フランス、プロヴァンスの暮らすように過ごす旅を応援。人間観察?と料理が得意。 DISQUS ID @disqus_e4rOOyIQJI

コートダジュール特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

トゥーロンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

コートダジュール特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > コートダジュール特派員 > フランス語「C'est le pompon ! 」ってどういう意味?!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について