トップ > ヨーロッパ > フランス > コートダジュール特派員 > フランス語の筆記体 英語と違う?!フランス語学習

フランスフランス/コートダジュール特派員ブログ

フランス語の筆記体 英語と違う?!フランス語学習

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2021年4月17日

この春からフランス語学習を始めた方も多いと思います。
フランスで、フランス語をフランス語で習った経験がある私ですが、日本人にとってフランス語習得自体、簡単ではありません。同じ学校の日本人生徒で、「先生が書く筆記体が読めない!」という人がいました。ホワイトボードに先生がさらさっと文章を書いて、それについてフランス語で答えるとか授業ではよくありました。その日本人生徒はブロック体で書かれていれば問題ないのですが、筆記体解読?のために時間がかかってしまったり......。確かに日本で英語などを専攻していなければ、英語の筆記体になじむ機会もあまりないかもしれません。しかも、フランス語の筆記体は英語の筆記体と少し違うのです。これはフランス語筆記体を練習するために書店で売られている子供用テキストに倣い、忠実に書かれたものです。
21-4-0000.JPG
英語の筆記体より丸っぽい感じです。これはあくまでもフランス語の伝統的筆記体の一例で、日本人が崩して書く漢字と同じく、フランス人も人や年代によって微妙に違います。子供や若年層は手紙などを手書きする場合、ほぼブロック体に近い形の筆記体で書いたりすることが多いです。年配の方は伝統的な筆記体でクリスマスカードを書いたりしているのを見ます。フランスのある高級レストランではメニューが筆記体でエレガントに書かれていて「まったく読めなかった」という日本人観光客に出会ったことも。
将来フランスに留学したいとか、渡航するならばフランス語の筆記体に慣れておいた方がいいでしょう。
フランス語大文字筆記体「X」はこんな感じ。
21-4-0002.JPG
こちらは大文字の「H」
21-4-0003.JPG
気に入っているノートなどでフランス語筆記体の練習をするのもいいですね。楽しみながらフランス語学習を続けていきましょう。フランスへの旅行が可能になったら書店の子供書籍コーナーで筆記体練習テキストを探してみてください。書き順などもわかりやすく書かれているのでおすすめです。
21-4-0001.JPG

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ティエリー

フランス・コートダジュール特派員のティエリーが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/コートダジュール特派員
名前:ティエリー

ティエリー

南フランス コートダジュールでフランス人の夫と暮らす。海外旅行好きだった私、2泊4日の弾丸ヨーロッパ 旅から5ツ星ホテルゆったりステイまでフランス、イタリア中心にその渡航回数もはや思い出せず?!現在は のんびりゆったりの南フランスライフ満喫中。自宅から徒歩5分で海、その透明度、その美しさに毎回感動。 南フランス、プロヴァンスの暮らすように過ごす旅を応援。人間観察?と料理が得意。 DISQUS ID @disqus_e4rOOyIQJI

コートダジュール特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

トゥーロンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

コートダジュール特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > コートダジュール特派員 > フランス語の筆記体 英語と違う?!フランス語学習

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について