トップ > ヨーロッパ > フランス > コートダジュール特派員 > パリ大人旅ニシム ・ド・カモンド美術館①美しい邸宅

フランスフランス/コートダジュール特派員ブログ

パリ大人旅ニシム ・ド・カモンド美術館①美しい邸宅

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年12月28日

パリの美術館ルーブル、オルセー、オランジュリーを巡り終えた方々にお勧めなのがここ、ニシム・ド・カモンド美術館。
以前ご紹介したモンソー公園に隣接した邸宅美術館です。
モンソー公園についてはこちら:https://tokuhain.arukikata.co.jp/cotedazur/2018/10/post_10.html
凱旋門から徒歩15分ほどのこの地区は喧騒を忘れる静かな高級住宅街。モンソー公園と合わせて訪れてみるのがお勧め。
ニシム・ド・カモンド美術館が見えてきました。
01-021.JPG
1911~1914にモイズ・ド・カモンド伯爵が建てた邸宅です。18世紀の美術品、調度品が美しい完璧な内装の館、当時の生活ぶりそのまま保存し美術館として訪れる事ができる貴重な存在です。
エントランス。階段を上がってみましょう。
01-022.JPG
ル・グラン・ビュロー、書斎です。
ナチュラルオーク材の重厚感と美しいタペストリーが印象的です。暖炉を中心に見ていると何か気付くのは..
置かれている調度品、美術品、家具などがほとんど一対で左右対称で置かれていることです。
01-023.JPG
01-024.JPG
次のサロンも。
01-025.JPG
選び抜いた調度品、美術品ばかりですが、一個だけではなく常に一対で揃える主人の完璧主義が垣間見えます。
01-011.JPG
そしてここがサロン・ブルーと呼ばれる通り、青のサロン。今は壁の色が緑がかっていますが、当時は鮮やかなブルーだったそうです。
01-001.JPG
邸宅の中心部に当たる部分にあるのが図書室。ここから隣接のモンソー公園を眺めることができます。
01-026.JPG
01-027.JPG
美しい曲線の螺旋階段。何だか過去と繋がっていそうな不思議な雰囲気です。
01-012.JPG
次回ニシム ・ド・カモンド美術館②驚きの美しい台所、をご紹介します。18世紀の芸術的邸宅を再現するという熱意を持って建てられたこの邸宅、美食家達を招いたディナーでもその完璧ぶりが...その驚きの台所とは一体?!お楽しみに!
Musée Nissim de Camondo:
http://madparis.fr/en/museums/musee-nissim-de-camondo/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ティエリー

フランス・コートダジュール特派員のティエリーが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/コートダジュール特派員
名前:ティエリー

ティエリー

南フランス コートダジュールでフランス人の夫と暮らす。海外旅行好きだった私、2泊4日の弾丸ヨーロッパ 旅から5ツ星ホテルゆったりステイまでフランス、イタリア中心にその渡航回数もはや思い出せず?!現在は のんびりゆったりの南フランスライフ満喫中。自宅から徒歩5分で海、その透明度、その美しさに毎回感動。 南フランス、プロヴァンスの暮らすように過ごす旅を応援。人間観察?と料理が得意。 DISQUS ID @disqus_e4rOOyIQJI

コートダジュール特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

トゥーロンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

コートダジュール特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > コートダジュール特派員 > パリ大人旅ニシム ・ド・カモンド美術館①美しい邸宅

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について