トップ > ヨーロッパ > フランス > コートダジュール特派員 > 南仏 伝統モチーフの"蝉"を駆除しようとした?!観光客&幸運のヤモリ

フランスフランス/コートダジュール特派員ブログ

南仏 伝統モチーフの"蝉"を駆除しようとした?!観光客&幸運のヤモリ

カテゴリー:生活・習慣・マナー / 自然・風景 投稿日:2018年9月 4日

南仏プロヴァンスの伝統的モチーフの蝉。プロヴァンスの家の窓や玄関付近にこんな飾りを付けたり、キッチングッズや装飾用オブジェとしてお土産としても人気です。
_20180717_093214 (1).JPG
ところがこの夏、プロヴァンスに滞在した観光客が蝉の鳴き声がうるさい!と言って駆除するように滞在先の村長に訴えた、とフランスでニュースになっていました。実際に蝉を殺そうと薬局へ殺虫剤を買いに行った観光客がいたそうです。日本では古くから夏の風物詩として捉えられている蝉。和歌などになっていたり、害虫として扱われる事はないと思っていましたが...。人それぞれ捉え方に違いがあるとは思いますが、南仏プロヴァンスに滞在するという事は自然や緑を楽しむ、という事。蝉も自然の一部ですが、今回のこのニュース、何だかヴァカンス気分も冷めてしまいますね。南仏では短い命でも精一杯鳴き続ける生命力の象徴。そんな風に捉えていたら、鳴き声も違って聞こえたかもしれません。
海外旅行に行く場合、渡航先の文化や宗教、習慣など調べて行くのは当然のこと。今回の騒動もたとえ国内旅行であったとしても地域の文化、風習は訪れる前に最低限知っておくべきでしたね、地域の人達に敬意を払うのも滞在を楽しむ為に必要です。我が家の蝉グッズ、素焼きで出来ていてルームフレグランスなどを垂らして香りを楽しんでいます。
_20180724_131817 (1).JPG
ところで、南仏には他にも幸運の象徴モチーフが。"ゲッコー"、ヤモリです!!女性はちょっと引いてしまいますよね。蝉グッズと同じくお土産品のモチーフになっていたりします。
初めてゲッコーと遭遇した時は私もビックリ!暫く乗っていなかったバイクの後ろに乗って出かけた時、タイヤとバイク本体の隙間にいたゲッコーがびっくりして私の背中に登り着いて来ました!恐怖で叫んでしまいましたが、ここ南仏では幸運の象徴!!日本でもヤモリは"家守(やもり)"と書かれたりするのと同じく、南仏でも家を守り、蚊などの害虫を食べてくれる有難い存在。バイク事件の後でも、何匹か我が家の庭に棲んでいてくれる?ゲッコー。
こちらのフランス人達にゲッコー遭遇事件について話をすると、それはラッキーだ!ゲッコーが背中にくっ付いたなんて!!きっと幸運の前兆だね!と皆が言ってくれます。
今日は窓の外側で発見。
DSC_0619.JPG
DSC_0624.JPG
南仏でゲッコーを見つけたら何か良い事があるかも!!普通は人に危害を加えて来たりしないので、見つけたら触ったりせずに自然といなくなるのを待つか、屋内だったら窓や玄関から出ていってくれるように優しく誘導?しましょう。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ティエリー

フランス・コートダジュール特派員のティエリーが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/コートダジュール特派員
名前:ティエリー

ティエリー

南フランス コートダジュールでフランス人の夫と暮らす。海外旅行好きだった私、2泊4日の弾丸ヨーロッパ 旅から5ツ星ホテルゆったりステイまでフランス、イタリア中心にその渡航回数もはや思い出せず?!現在は のんびりゆったりの南フランスライフ満喫中。自宅から徒歩5分で海、その透明度、その美しさに毎回感動。 南フランス、プロヴァンスの暮らすように過ごす旅を応援。人間観察?と料理が得意。 DISQUS ID @disqus_e4rOOyIQJI

コートダジュール特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

トゥーロンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

コートダジュール特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > コートダジュール特派員 > 南仏 伝統モチーフの"蝉"を駆除しようとした?!観光客&幸運のヤモリ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について