トップ > ヨーロッパ > デンマーク > コペンハーゲン特派員 > 水際に佇む仮設ドーム Dome of visions ~建築と環境への挑戦~

デンマークデンマーク/コペンハーゲン特派員ブログ

水際に佇む仮設ドーム Dome of visions ~建築と環境への挑戦~

カテゴリー:エンターテイメント・音楽・ショー / 文化・芸術・美術 投稿日:2014年5月14日

foto 1-001.JPG
これはいったい何でしょう??
コペンハーゲンは新しい実験を楽しむ街です。今回は、そんなコペンハーゲンの実験の1つである、水際に佇む仮設ドーム Dome of visionsに行って来ました!
この仮設ドームは、環境にやさしいエコなドームであると同時に、とても実験的な建築物。2013年からコペンハーゲンの他の場所やユトランド半島の街オーフスでの設置を経て、今回、2014年4月から2015年4月まで、この地に置かれることになりました。場所は王立図書館ブラックダイヤモンドの隣、水際です。


foto 3-001.JPG
ドームの使用用途はさまざま。
小さめの空間でありながら、自由自在に、多彩なイベント会場に変身します。
カフェになることもあれば、コンサート会場になることもあります。また、シンポジウムや会議の会場になったと思えば、バーやナイトクラブになったりします。
この日はピアノのコンサートで、会場に多数の椅子が並べられていました。

foto 2-001.JPG
ドームから眺める晴れた夕暮れ時。美しいです。
考えてみれば、こんなに外を見渡せる建物というのも珍しいです。ドーム型で、骨組み以外は透明のガラスに包まれているだけなので、360度どこを見渡しても外との一体感があります。
でも、完全に外ではない、内側にいる安心感もあって、不思議な感覚...。

foto 4.JPG
この日は、日本人ピアニスト牧村英里子さんのソロコンサートでした。この画期的な会場に負けない斬新かつ美しい音楽を披露していただき(ボールを手に持って弾いたり、野球のグローブをして弾いたりも。笑)最高でした!
青空の下、水辺を背景に、彼女の演出を楽しんでいるうちに、いつのまにかガラス越しに夜景が広がっていく...。そんな晩のひとときは最高に贅沢で、今までにない新体験でした。

この仮設ドームは、街づくりをどう進めていくか?という実験の一貫でもあります。ドームは人びとを引き寄せ、このエリアを活気ある魅力的な場所にしてくれているように感じられました。小さな建築でも、コンセプトが面白ければ、その場所を魅力的なエリアに変えてしまう力があるんだなぁ~。
こんな実験をするコペンハーゲン、熱い!です。行ってみたい方はぜひっ!
Dome of visions ホームページ
住所 Søren Kierkegaards Plads, 1016 København K ※2015年4月まで
開園時間 平日10~16時、週末11~15時
※祝日やイベント開催などの都合でビジターが入れないこともあります。イベント情報はホームページ参照。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

針貝 有佳

デンマーク・コペンハーゲン特派員の針貝 有佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

デンマークデンマーク/コペンハーゲン特派員
名前:針貝 有佳

針貝 有佳

コペンハーゲン特派員トップにもどる

コペンハーゲンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

コペンハーゲン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > デンマーク > コペンハーゲン特派員 > 水際に佇む仮設ドーム Dome of visions ~建築と環境への挑戦~

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について