トップ > ヨーロッパ > デンマーク > コペンハーゲン特派員 > デンマークの悲しいバスルーム事情

デンマークデンマーク/コペンハーゲン特派員ブログ

デンマークの悲しいバスルーム事情

カテゴリー:お題 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2014年3月15日


ご無沙汰してしまいました!皆さん、お元気ですか?私は体調不良が続いたのですが、やっと調子が戻って来ました。皆さん、くれぐれもお身体には気をつけてくださいね。

さて、今回の話題は、デンマークのバスルーム!
じつは、デンマーク在住日本人が家を探すうえで最もネックになるのが、バスルームなのです。北欧デンマークというと、広い家で、オシャレなバスルームを想像する方も多いと思います。が、どんなに家が広くても、バスルームがお粗末なのがデンマーク...。要は、暮らしのなかで「入浴」という時間があまり大切にされていないのです。

というわけで、今回は、意外なデンマークのバスルーム事情に迫りたいと思います☆


まず最初に、我が家のバスルームをご紹介させていただきます。こちら3枚の写真は我が家(アパート)のバスルーム。入口から左手にガラス戸で閉じられるシャワースペースがあります。その奥に、子どものオムツ台(着替えも置いている)があります。そして、向かって真っ直ぐ手前側に洗面台、奥にトイレがあります。(つまり、写真では把握しづらいかもしれませんが、洗面台の前にシャワースペース、トイレの前にオムツ台があります。)

DSC_0234-001.JPG  DSC_0217-001.JPG  DSC_0199-001.JPG

このバスルーム、皆さんの目にはどう映りますか?決して広くはないスペースに、トイレ、洗面台、シャワーがすべてが入っています。そして、浴槽はありません。が、これはデンマークではかなり贅沢なバスルームです。まず、シャワースペースをガラス戸で閉じられるところがポイント高いです。また、このタイルもけっこう贅沢度が高いです。

というのも、デンマークのアパートでは、下記のようなバスルームがけっこう一般的にあるからです...。本来、トイレと洗面台でいっぱいいっぱいのスペースに、無理にシャワーを取り付けたようなバスルームです。

badeværelse.jpg これだと、見ておわかりのとおり、シャワーを浴びると、お湯がトイレまで飛び散ります。入浴後は床拭きやトイレ拭きをしなければなりません。こういうバスルームはなかなか日本人には受け入れがたいですよね...?
古い建物(アパート)のバスルームがこんなにお粗末なのには、歴史的な背景もあります。昔は同じアパートの住人がバスルームやトイレを共有しており、もともと各アパートにはバスルームのスペースがなかったため、小さなバスルームを後付けするしかなかったようです。

Badeværelse (1).jpg また、古いアパートや一軒家に見られる浴槽付きバスルームの典型はこんな感じ。浴槽、洗面台、トイレが並んでいるタイプです。浴槽はあっても洗い場がないので、複数人で住んでいる場合は、ちょっと使いづらいです。
また、タイルやデザインなど、もうちょっと何とかならないのだろうか?と思ったりもします。浴槽はあるけれど、何か欠けている感があります...。

bad-1_jpg.jpg そして、リノベーションされた家や新築の家には、こんなバスルームも多いです。
一見、綺麗で良さそうに見えるのですが、こんなにスペースがあるのなら、もうちょっと違ったつくりにしても良さそうな気がします。だって、浴槽から間近で眺めるものはトイレですし、洗い場もありませんし...。
この洗面台の前のスペースはいったい...?もっと空間を有効に使えないのだろうかと首を傾げてしまいます。

デンマークにも、いいバスルームはなくもないのですが、どんなにいいバスルームでも、日本人的には何かしら欠けているように見えてしまうのが現実です。モダンで綺麗でも浴槽がないとか、浴槽があっても洗い場がないとか...。

そんなわけで、デンマークに住んでいると、日本のお風呂がひたすら恋しくなります。温泉とはいわないから浴槽に浸かりたい。洗い場でゆっくり座って身体を洗いたい。浴槽がなくても、周囲を水浸しにしないでシャワーを浴びたい。シャワーを浴びた後に、周囲を拭く作業をするのはちょっと悲しい作業でもあります...。

あとは、とくに一軒家などでは、一定量のお湯を使うと、タンクのお湯が切れ、冷たい水が出始めるところが多々あります。これは本当に嫌です。シャワーを浴びていて、突然ヒヤッとした水が身体を伝い、身震いしますから。しかも、その後しばらくずっとお湯が出ないわけですから...。というわけで、そんな家では、使うお湯の量に気を遣い、急いでささっとシャワーを浴び、時間内にシャンプーや石鹸を洗い流さなければなりません。これも私にとっては、デンマークでのストレスの1つです。

というわけで、日本の皆さま、デンマークのバスルームにはあまり期待しないでくださ~い。

3月のお題「バスルーム&洗面台」

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

針貝 有佳

デンマーク・コペンハーゲン特派員の針貝 有佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

デンマークデンマーク/コペンハーゲン特派員
名前:針貝 有佳

針貝 有佳

コペンハーゲン特派員トップにもどる

コペンハーゲンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

コペンハーゲン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > デンマーク > コペンハーゲン特派員 > デンマークの悲しいバスルーム事情

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について