トップ > ヨーロッパ > デンマーク > コペンハーゲン特派員 > 王立図書館ブラック・ダイヤモンド

デンマークデンマーク/コペンハーゲン特派員ブログ

王立図書館ブラック・ダイヤモンド

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / エンターテイメント・音楽・ショー / レストラン・料理・食材 / 文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2010年11月14日

「え!?これが図書館!?」

王立図書館ブラック・ダイヤモンドは、デンマークのデザイン集団シュミット・ハンマー・ラーセンによって設計され、1999年9月にオープンした。外壁は黒色花崗岩でできていて、(とくに晴れた日は!)水面から黒く輝くダイヤモンドのように見えることから「ブラック・ダイヤモンド」と呼ばれている。

DSC_0283-1.JPG

この空間を「図書館」と言ってしまうのはもったない。コペンハーゲンの代表的な建築物の1つである。


建物のなかには、お洒落なカフェ、レストラン、本屋、コンサートホール、展示室、会議室などがあり、各イベントが開催される。運河沿いに建てられているので、カフェやレストランからの眺めも最高。ちょっと休んでランチやお茶をするには、最適の場所である。

左下写真は1階の本屋、右下写真は1階のカフェ。
DSC_0291-1.JPG  DSC_0293-1.JPG

こちらは、ブラック・ダイヤモンドの内側から外に向けて撮った写真。
DSC_0315-1.JPG

この「図書館」と一言では言い切れない図書館を見学に来る人は多い。毎週ガイドツアーも開催されているほどだ。

いろいろな角度から楽しめて魅力満載なので、人によって「見所」はさまざま。
私が個人的に好きなのは、新館ブラック・ダイヤモンドから旧館への通り道。
古いものを大切にしながら、新しいものを取り入れて、「現代(いま)」の先端を突き進む。過去を「過去の遺物」として埋もれさせずに、「新たな時代の1ページ」に塗り変えていく。そんなデンマーク人の哲学が、ここにも活きている。

新館ブラックダイヤモンドと旧館をつなぐ通路
DSC_0326-2.JPG

旧館の通路には、椅子と机が置かれていて、学生たちがパソコンを手元に勉強したり、ディスカッションをしたりしている。

DSC_0331-2.JPG  DSC_0337-3.JPG

ちなみに、この新旧の図書館には、どちらにも大きなワイヤレスの部屋があって、パソコン使いたい放題。学生が学びやすい環境が整えられている。

小さな展示室にもなっている旧館のホール。窓からは美しい庭が見える。
DSC_0338-1.JPG

こんなところで勉強できるなんて、最高の贅沢...。「学ぶ」ために相応しい空間が、ここにあるような気がする。

...それにしても...カッコ良すぎる!「図書館なんて...」とは言わずに、ぜひぜひご覧ください☆

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

針貝 有佳

デンマーク・コペンハーゲン特派員の針貝 有佳が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

デンマークデンマーク/コペンハーゲン特派員
名前:針貝 有佳

針貝 有佳

コペンハーゲン特派員トップにもどる

コペンハーゲンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

コペンハーゲン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > デンマーク > コペンハーゲン特派員 > 王立図書館ブラック・ダイヤモンド

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について