トップ > アジア > スリランカ > コロンボ特派員 > 事件後のスリランカの現状(注意点をまとめてみました)

スリランカスリランカ/コロンボ特派員ブログ

事件後のスリランカの現状(注意点をまとめてみました)

カテゴリー:治安・渡航安全情報 投稿日:2019年5月31日

4月のテロ事件以降、観光客の激減しているスリランカですが


そんな中、中国やドイツなどが、渡航レベルを緩和しました。

http://www.travelvoice.lk/china-germany-switzerland-sweden-lift-travel-restrictions-on-sri-lanka/?fbclid=IwAR1z4V5a7cglXFRJQAzup2qu91Tn0OUVEFMdFCKen6OJXLaDNianihwc_4E

これは、スリランカ政府の厳重警備体制などを考慮したものであります。


5月のウェサックというお祭り期間中に、何も事件が起きなかったことも背景にあると思います。


現在コロンボの街中では、兵士や警官が、銃を持って警戒警備にあたっており


ある意味、今は事件前よりも、何か事件の起きる確率は低いと言えます。


ホテルやショッピングモールなどでは、セキュリティーチェックが入ります。

これからスリランカ渡航を考えていらっしゃる皆さん、十分ご注意ください。


注意点を以下にまとめてみました。

・教会、モスク等の宗教施設には近づかない。

・ショッピングモール等の人の集まる施設に関しては、なるべく滞在時間を短くする。

・警官、兵士等の職務質問、ボディーチェックなどは、必ず協力する。
(現在令状なしで、逮捕拘束が可能な状態になっています)

・パスポートは、必ず持ち歩く。

・警官や兵士、警察署などの撮影は控える。(カメラ没収などの可能性もあります)

・ドローンでの撮影などは、控える。ドローンなどはあらぬ誤解などを受ける可能性がありますので、現在スリランカへの持ち込みも控えた方がよろしいかと思います。


・SNS規制が起こる可能性があります。ご家族の皆さんへなどメール等、SNS以外で連絡を取れる状況にしておく。


・夜間外出禁止になる可能性があります。夜間にはなるべく予定を入れず、また早めに宿に入るように心がける。

・空港の警備が厳重になっています。フライト前、早めに到着するように心がける。


今も日本の外務省の渡航レベルは、「不要不急の渡航が止めてください」とうレベルになっています。


以下のリンクをご確認いただき↓注意点などを、よくご理解ください。

(PC)==> https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo_2019T040.html?fbclid=IwAR0ucbjLQzYsNL_6hPorbobGaLZlASX5uEwfv14-rSoPaXMe3eQlFS8XdmM#ad-image-0
(携帯)==> http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbhazardinfo_2019T040.html


また、スリランカ渡航される際には、最新の情報を得るために、

外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録することをお勧めします。


https://www.ezairyu.mofa.go.jp/index.html


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

内海 由周

スリランカ・コロンボ特派員の内海 由周が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スリランカスリランカ/コロンボ特派員
名前:内海 由周

内海 由周

2003年1月初めて訪れたスリランカで運命を感じ、翌年脱サラして(株)アクティブインターナショナル設立。「日本とスリランカの架け橋に」をミッションに「スリランカ案内人うっちゃん」として活動中、独自のツアーをプロデュース。日本でもお食事会「スリランカナイト」主催。「スリランカ交流会」主宰。2014年コロンボにて旅行会社「アクティブトラベル」設立。Facebook DISQUS ID @disqus_jx5xJu2JnO

コロンボ特派員トップにもどる

コロンボを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

コロンボ特派員トップにもどる

トップ > アジア > スリランカ > コロンボ特派員 > 事件後のスリランカの現状(注意点をまとめてみました)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について