トップ > アジア > スリランカ > コロンボ特派員 > スリランカのペラヘラを見に行ってみる!その4

スリランカスリランカ/コロンボ特派員ブログ

スリランカのペラヘラを見に行ってみる!その4

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 旅行・ツアー・ホテル / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2012年8月29日

 さて、スリランカ最大のお祭りである「ペラヘラ」をキャンディ迄見に行く旅にでた私でありますが・・・
前回迄の旅のあらましはこちら
(途中だったのですが、ネット接続の調子が急に悪くなりすこし時間が空いてしまいましたが、続けてレポートします)

スリランカのペラヘラを見に行ってみる!その1
スリランカのペラヘラを見に行ってみる!その2
ピンナワラのゾウの孤児院
スリランカのペラヘラを見に行ってみる!その3

昼間に仏歯寺を見学して、いよいよう夜のペラヘラの見学です。だんだん人がキャンディ市内に集まって来だして、仏歯寺の前あたりは凄い人が溢れていました!
ペラヘラ2-11.jpg
 ※写真はペラヘラの始まる前の様子・・・。

席はなんと! 「クイーンズ・ホテル」の3階にある特別席でありました!
・・・ペラヘラを見学するにはベスポジでありますが・・・ いかんせん席数の2倍の観客が指定の筈なのに押し込まれており、一部の人はベランダのカブリツキによれない状況でありました・・・・><(ざんねん・・・・)

前側に見えるオレンジ色の服で統一された人々はチームユニフォームを着ている訳ではなく、スリランカのお坊さん達であります。

とにかくスリランカ中どころか世界中からこのお祭りを見に来ます。しかし、この日ペラヘラの最終日は「ポヤデー」(満月祭)に当たり、スリランカ中どこでもお酒などの販売がされていない特別な日でした(´・д・`)。

なので、ノンアルコールのままかぶりつきでこのパレードを見学します。(ポヤデー以外でも仏教的儀式なので、アルコールなどを飲んでの見学は失礼に当たるようです。)
 


ペラヘラ2-12.jpg
 夕方6時過ぎ頃に何やら白い服の一団が仏歯寺の方向へ向かって行列を作って歩いていきました。スリランカでは毎週日曜日にお寺へ詣でる習慣がありますが、この時みんな白い服を着ていくのが習わしのようになっています。
勿論お葬式の時も白い服を着用するようです。私は暑い国という古都もあって、結構白いシャツなどを利用しますが、真っ白なシャツというのは あんまり見かける事が少ないです。

多分それはそうした行事に利用する服装だからという事なのだろうと思います。
 
ペラヘラ2-13.jpg
 さて、そして、爆竹を付けた鞭を振るった一団が行進した後にいよいよパラヘラの始まりです。最初に来たのは炎を操る一団でした。輪にした火のループを各々が回して炎を演出します。
後ろの方には、竹馬(?)に乗って炎を回す人達も見られます。
ペラヘラ2-14.jpg
 その後、旗(合板のようなもので作られていました)を掲げた一団が通り過ぎていきます。実はこのペラヘラは全体の構成が、
1)鞭
2)旗
3)役人
4)太鼓
5)象舎の長
6)踊り手
7)副在家総代
8)仏歯の象
9)在家総代
10)ダンス隊
11)神殿の象
12)各々の神殿の総代
13)輿

の順番で行われるのだそうです。
 
ペラヘラ2-17.jpg
 目を引いた王様みたいな人がゾウに乗っている様子! この服装「キャンディアン」と呼ぶのだそうですが、結婚式の時に男性がこの服を着る事もスリランカでは多くあります。
この人は多分「ゾウ舎の偉い人役」なのでは無いかと想像します(手にゾウを操る槍のようなものを持っているので)こうしたゾウはこのペラヘラに合わせて「ピンナワラゾウの孤児院 」から遠路はるばるやってくるのだそうです!
 
ペラヘラ2-18.jpg
 こちらはダンサー達。総勢で1000名以上のパレードになります。聞いたところによるとこうしたダンサー達は「YMBC」
Young Men's Buddhist Center(若い仏教徒のセンター)でダンスなどの継承を受けている、ボランティアメンバーで構成されていて全員がプロのキャンディアンダンサー達という訳では無いようです。
ペラヘラ2-20.jpg
 色々なフォーメーションで見る者を楽しませてくれます。
 
ペラヘラ2-21.jpg
 最後に出てきたやはり王様のようないでたちの人達。
ダンサー達はこの王様に絶対にお尻を向けないようにしてダンスをしながらパレードが続きます。
※その為進みも驚く程ゆっくりです・・・・^^;
 
ペラヘラ2-23.jpg
 こんな感じで王様(なのかどうかもちょっと不明ですが・・)を誘導しながら、ダンサー達は彼らを敬うように パレードを牽引していきます。これはスリランカの結婚式でも良く見られる光景で、花婿と花嫁をこうしたダンサー達が牽引しながら、式場へと連れて行く様子が、ホテルなどで良く見られます。

今までにみた一番盛大な結婚式は、花婿がターバンを巻いた正装でゾウにのって大通りから現れ、それをダンサー達が牽引しながら、ホテルの入り口にやってくるという物でありましたが・・・いやはや 規模が違いますww
 
ペラヘラ2-24.jpg
 そしてこれが、"祭りの後"・・・・・。

とにかくすっごい人出で、1時間程ホテルで待ってからの帰宅になりました。
これらの人達もこの日は車をこのキャンディの市街に入れる事は禁じられているので、歩いてバスターミナルや市外の駐車場まで行きます。(とはいっても10分程度)

この日私達が予約した、このペラヘラの特等席ですが、13名でリザーブされていた席になぜかオーバーブッキングで2倍の人が入っていて身動き出来ない状態でありました・・・・。(全員海外からの外国人でした)
しかし隣席のイタリア人の一行と少し英語でコミュニケーションして、何となく友情を育んだり出来たので(あまりに接近しているので、話さざるをえない状態でしたw)これもまた旅の醍醐味とする事にしますw

日本人はこうゆう事があると損したような気持ちになって頭に来たりもしますが、まあこれもまたスリランカと割りきって、色々なトラブルも楽しむぐらいの心持ちでいると、スリランカ旅行も楽しめるのかもしれないと、滞在3年めに突入してようやく悟った夜でありました・・・・。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

つぼや まき

スリランカ・旧コロンボ特派員のつぼや まきが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スリランカスリランカ/旧コロンボ特派員
名前:つぼや まき

つぼや まき

2010年よりスリランカ・コロンボ在住。卒業後外航客船のCAを経験後、国内ISPの経営企画室で広報⇒外資系IT企業の日本法人社長室で広報・PR⇒道路インフラ系企業の経営企画室でIRを担当。現在はスリランカで日本企業と現地のマッチング及びコンサルタントを経験しつつ、欧州文化色濃いディープスリランカを探索中。趣味はTwitterと写真♪ご連絡はこちら。スリランカのショップ情報等はこちら

コロンボ特派員トップにもどる

コロンボを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

コロンボ特派員トップにもどる

トップ > アジア > スリランカ > コロンボ特派員 > スリランカのペラヘラを見に行ってみる!その4

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について