トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ケルン特派員 > No 9. ドイツの復活祭に欠かせないオスターアイ

ドイツドイツ/ケルン特派員ブログ

No 9. ドイツの復活祭に欠かせないオスターアイ

カテゴリー:イベント・行事・お祭り 投稿日:2016年3月30日

今年は復活祭(オスター、英語でいうイースター)がいつもよりも早く訪れました。
この時期、街は卵とウサギをモチーフにしたデコレーションで溢れかえります。

家庭でも、本物の卵を使ってデコレーションを作る伝統があります。
今回は、卵を使ったデコレーションの作り方をご紹介します。

この卵のデコレーションは、ヨーロッパ内でも作る国と作らない国に分かれます。
どちらかと言うと、卵のデコレーションは東ヨーロッパの伝統というイメージがありますが、ドイツにもこの伝統が存在します。

一緒にデコレーションを作ったフランス人とスペイン人の友達も、私同様初めての経験にわくわく。

Ostern Yukari Tanji (3).JPG

まずは、卵に穴を開けます。生卵なので、針やナイフの先を使って慎重にやらないと大変なことに(笑)

Ostern Yukari Tanji (2).JPG

両側に穴を開けたら、片方から息を吹き込んで中身を出します。
この時、黄身が出てくる様子がちょっとグロテスクなので、みんなでお互いに写真を撮り合い、大笑いに。

Ostern Yukari Tanji (4).JPG

卵が空になったら、中を洗剤で洗い、ロウソクの蝋を使ってデコレーション。
それが終わったら、色水につけて、色付けを行います。

Ostern Yukari Tanji (5).JPG

お菓子を食べながらのんびりと・・・。
ATYDJj7T.jpg

色がまんべんなく着いたらば、乾かします。乾いたら、温めて蝋を溶かして取り除いて完成です。蝋の下に色が付かないため、色々なパターンができあがります。

Ostern Yukari Tanji (6).JPG

紐をつける時は、爪楊枝を使います。爪楊枝にリボンを結びつけて一度中に入れると出てこないという仕組みです。

Ostern Yukari Tanji (1).JPG

20個分ほどの卵は、スペイン人の友達がいたため、スパニッシュ風オムレツとして食べました。キーシュにしたり、この卵を毎年どうするかという方法は家庭によっても様々。

どうでしたか?日本の家庭でもできそうですよね。

ドイツ生活と旅行情報:ブログもよろしくお願い致します。

↓ブログはこちらから↓

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

タンジ・ユカリ

ドイツ・ケルン特派員のタンジ・ユカリが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/ケルン特派員
名前:タンジ・ユカリ

タンジ・ユカリ

取材が大好きなフリーランス・ライター。海外生活10年目。大学は英語圏に留学し、2013年11月からドイツに在住。様々なメディア向けに、英語と日本語で、カルチャー記事を提供中。ドイツ語が上達したら、ジャーナリズムの修士課程を始める予定のため、仕事の合間を見つけては日々ドイツ語と格闘中。夢は雑誌の記者になること。 DISQUS ID @disqus_YypKwYV7FA

ケルン特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

ケルンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ケルン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ケルン特派員 > No 9. ドイツの復活祭に欠かせないオスターアイ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について