トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ケルン特派員 > No.3 ケルンの愛の架け橋?ホッヘンツォラー橋

ドイツドイツ/ケルン特派員ブログ

No.3 ケルンの愛の架け橋?ホッヘンツォラー橋

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2015年10月13日

こんにちは。
前回、大聖堂の周辺をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?実は、大聖堂の真後ろにはもう一つの観光スポットがあります。
この写真の中にヒントがあります。


これはライン川です。ライン川はとても長く、オランダからスイスまでずっと繋がっています。通るボートについている国旗を見ると、本当に沢山の国からいろいろな船が通っていることに気づきます。天気がよければ、川沿いを散歩するのもいいでしょう。

でも今回ご紹介したいのは、この橋です。見た目は何の変哲もない橋。Hohenzollerbrücke(ホッヘンツォラー)というちゃんとした名前がありますが、地元の人でも、この橋の名前を知らない人は沢山います。

その理由がこれ、錠です。多くの人がLove Bridgeなどと愛称をつけて呼んでいるため、本当の橋の名前を知らない人が沢山いるようです。

近年重さが問題視されている中、定期的に錠を取り外すことはないようで、年々場所がなくなってきているため、誰かの大きい南京錠に、自分の小さい南京錠をつけるなど、つけ方や、錠の種類にも工夫が見られます。


多くの南京錠には、ちゃんと日付とイニシャルや名前が彫られています。これは、近くのお土産屋さんで5ユーロくらいで買うことができます。伝統としては、施錠したら鍵を橋から川に投げ入れ、一生外さなくていいように一緒にいようねと約束を交わすようですが、『いつか戻ってきて錠を外そう』という意味を込めて、鍵を持って帰る人もいるようです。

愛の橋もいいですが、橋の上からライン川を背に写真を撮ることも忘れずに。通り過ぎる船を上から眺めたり、他の橋を眺めるのもいいかもしれません。

もう一つおススメなのが、ドイツ鉄道の電車を見ること。橋の上では本当に目の前を通っていくので、赤いドイツ鉄道の電車がこんなに近くで見れるのは、鉄道好きにはたまらないかもしれませんね(笑)

端から端まで、徒歩数分で歩ける距離なので、是非向こう側まで歩いて、景色と橋を堪能してみてください。歩行者と自転車専用なので、安全に橋を楽しむことができますよ。
ドイツ生活と旅行情報:ブログもよろしくお願い致します。
↓ブログはこちらから↓

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

タンジ・ユカリ

ドイツ・ケルン特派員のタンジ・ユカリが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/ケルン特派員
名前:タンジ・ユカリ

タンジ・ユカリ

取材が大好きなフリーランス・ライター。海外生活10年目。大学は英語圏に留学し、2013年11月からドイツに在住。様々なメディア向けに、英語と日本語で、カルチャー記事を提供中。ドイツ語が上達したら、ジャーナリズムの修士課程を始める予定のため、仕事の合間を見つけては日々ドイツ語と格闘中。夢は雑誌の記者になること。 DISQUS ID @disqus_YypKwYV7FA

ケルン特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

ケルンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ケルン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ケルン特派員 > No.3 ケルンの愛の架け橋?ホッヘンツォラー橋

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について