トップ > 北米 > アメリカ > シカゴ2特派員 > 夏休み子供お料理教室

アメリカアメリカ/シカゴ2特派員ブログ

夏休み子供お料理教室

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2021年7月31日

シカゴの子供たちの夏休みは昨年のコロナ禍に比べるとずいぶん日常の生活に戻ってきています。そんな夏休みには、サマーキャンプに行ったり、家族で旅行に行ったりとさまざまな時間の使い方をしている方が多いようです。子供たちが暇を持て余さないようにサマーキャンプにいくつも申し込むと、それはそれはママたちの送迎が増え、申込金額がそれはそれは恐ろしいことになります。
そんな子供たちが少しでも楽しい夏休みを過ごしてほしい、そしてママたちの手伝いをしてくれたら?というリクエストにお応えして、子供たちに料理を教える子供料理教室を開催しました。

7月は折りたたみキンパとヨーグルトとマシュマロのフルーツ和え

IMG_20210712_114933.jpg
3人の兄妹で参加してくれました。皆かわいいです! 真剣な目で一生懸命作っています。

IMG_20210712_111431.jpg
IMG_20210712_120750.jpg

フライパンも火傷しないように、上手に使っています。そしてできた物を皆で食べる!
「おいしい~!」と嫌いな野菜も皆と一緒に作ったら食べられちゃうのが不思議です。

IMG_20210713_121126.jpg

中身には、牛肉、ニンジン、レタスなどが入っていて、海苔の上に具材やご飯をのせパタン、と順番に折りたたんでいくと出来上がり~


そして
8月はオムライスと、いま日本で流行りのマリトッツォ

IMG_20210816_103454.jpg

オムライスに入れる鶏肉を切る5歳の女の子は、とってもしっかりして包丁使いが上手!

IMG_20210816_111440.jpg

一番上のお兄ちゃんは日本だと6年生で、アメリカではジュニアハイスクーラーに。妹たちに優しく、お行儀もよく言葉遣いも丁寧語を使って偉い! もうひとりの上の妹さんは日本だと3年生なのにもっと上の学年と思うほど落ち着いています。そして自らメモを一生懸命取り向上心がうかがえました。

IMG_20210816_115130.jpg

そして出来上がりがこちら。卵を割り、ほぐし、焼くところまでします。ピーマン、鶏肉を切り炒める。それをトマトジュースで炊いたご飯に混ぜる! マリトッツォは、クリームチーズに生クリーム、砂糖を混ぜ泡立て、甘いブリオッシュのパンを切り、そこに挟みイチゴを飾る、と、そこまで全部子供たちにしてもらいました。

今回の子供料理教室は下は3歳から(保護者同伴)上は、中学2年生までと幅広い子供たちが参加してくれ、私も楽しい時間を過ごすことができました。お料理教室では日本語のみで話し、日本語の道具を英語で説明したりと子供たちが楽しくおいしく過ごせるようにいろいろと考えてみました。それぞれのレシピを持ち帰っているので、すでに自宅で復習し作った子供のママから写真も送られてきています。子供たちに食育を通していろいろなことを勉強してもらえたらと思います。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

脇方 真由美

アメリカ・シカゴ2特派員の脇方 真由美が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/シカゴ2特派員
名前:脇方 真由美

脇方 真由美

名古屋、東京、シンガポール、ロサンゼルス、シカゴに住み日本を出て22年。金融、広告代理店を経てフリーランスに。日本の雑誌やネットに寄稿しつつシカゴ日系サイト、フリーペーパーにも携わる。食べる事好きが興じてお料理大好き人間となる。子育てをしつつシカゴライフを満喫中。グルメ、観光、ショッピング、キッズ関連などシカゴ情報を発信しシカゴライフをエンジョイしたい!カリグラフィー、スキューバダイビング、映画、読書、漫画など大好き。 DISQUS ID @disqus_IssbRRqZnG

シカゴ2特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

シカゴ(イリノイ)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

シカゴ2特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > シカゴ2特派員 > 夏休み子供お料理教室

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について