トップ > アジア > フィリピン > セブ2特派員 > フィリピンのお粥「ルガウ」をお手軽に食べることができる『Lugaw ni Bossing』

フィリピンフィリピン/セブ2特派員ブログ

フィリピンのお粥「ルガウ」をお手軽に食べることができる『Lugaw ni Bossing』

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2017年12月23日

081.jpg


みなさん、こんにちは。セブ2特派員のカリパイ です。


フィリピン料理の一つに「ルガウ」というものがあります。


これはいわゆる「お粥」です。


値段も安いため、庶民に愛されている料理の一つです。


今回はこの「ルガウ」をお手軽に食べることができる『Lugaw ni Bossing』というお店のご紹介です。




『Lugaw ni Bossing』について

077.jpg


『Lugaw ni Bossing』は「Bossing Rom Food Trading Company」という会社が経営するフランチャイズ型のお店です。


主にモール内のフードコートに店舗を構えていて、キオスクタイプのお店は、少しのスペースさえあれば運営することが可能なんです。


080.jpg


気になる価格ですが、32ペソから47ペソ(約70~100円)といった価格帯で、とてもお値打ちです。


価格に幅があるのは、トッピングの数によるためです。


トッピングの組み合わせ例を紹介します。




Goto Special

082.jpg


価格:47ペソ(約100円)


ルガウに牛の腸、玉子、チキンが入った、デラックス版です。




Lugaw with Chicharon(チチャロン)

083.jpg


価格:32ペソ(70円)


Chicharon(チチャロン)とは、豚の皮を揚げたお菓子です。よくストリートで売られています。


日本風に考えれば「天ぷら入りのお粥」です。




まとめ


いかがでしたでしょうか。


今回ご紹介したい『Lugaw ni Bossing』は、どのモールへ行っても必ず目にすることができます。


ちょっと小腹が空いたとき、是非とも試してみたいフィリピン料理ですよ。

個人運営のブログやってます。
フィリピン・セブに関して、生の情報を提供中です。

よろしければこちらからどうぞ。
伝説のKalipay』←情報満載
カリパイの日々』←毎日更新

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

カリパイ

フィリピン・セブ2特派員のカリパイが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フィリピンフィリピン/セブ2特派員
名前:カリパイ

カリパイ

フィリピンセブ島に移住し3年目。 在宅にて現地企業へのリモートワーク(フィリピン人スタッフ)&個人ブログの運営をしながら、家事・子育てに毎日奮闘中のフリーランス主夫。6ヶ月間のフィリピン語学留学の経験あり。エアコン、テレビ、洗濯機のない暮らしでも、毎日楽しくやってます。好きな言葉は「BUY ONE TAKE ONE」 【愛車】YAMAHA Mio Soul i 125 ブログ:『伝説のKalipay』『カリパイの日々』 Twitter:@legendarykalipy 問合せ:info@legendary-kalipay.com DISQUS ID @disqus_thfBbG5Nz2

セブ2特派員トップにもどる

その他のフィリピンの特派員

セブを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

セブ2特派員トップにもどる

トップ > アジア > フィリピン > セブ2特派員 > フィリピンのお粥「ルガウ」をお手軽に食べることができる『Lugaw ni Bossing』

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について