トップ > ヨーロッパ > フランス > カンヌ特派員 > カンヌが舞台、グレイス・ケリーのお洒落とロマンティックが詰まった映画。

フランスフランス/カンヌ特派員ブログ

カンヌが舞台、グレイス・ケリーのお洒落とロマンティックが詰まった映画。

カテゴリー:文化・芸術・美術 投稿日:2015年1月10日

Bonne Année! (ボナネ!)皆様、明けましておめでとうございます。
カンヌ特派員ブログをご覧くださり、有難うございます。昨年の夏に引っ越してきたばかりの新米ですが、自分自身が「素敵!」と感じた南仏の文化を、2015年も肌で感じたままお伝えできればと思います。カンヌや南仏の「太陽」や「風」をブログを通してお伝えできれば幸いです。


2015年初のトピックは、カンヌが舞台で、お気に入りの映画をご紹介します。
タイトルは"To catch a Thief(トゥー・キャッチ・ア・ティーフ)"、日本語名は「泥棒成金」。アルフレッド・ヒッチコック監督、グレイス・ケリーとケイリー・グラントの1955年公開のラブサスペンスです。

dvd.jpg

1950年代のカンヌを中心にフレンチ・リビエラが舞台。ラブサスペンスといっても、当時のセレブリティ層のウィットに富んだ会話や、グレイス・ケリーがカンヌの高級ホテルのお客達を目を釘付けにするファッション、ヒッチコック監督の視線で捉えたコートダジュールの景色など、まさに「映画のようなワンシーン」という言葉のシーンが満載のとってもお洒落な映画です!



ストーリーは南仏で自由気ままに暮らしている、セレブリティのみを狙う元宝石泥棒「猫」ことジャン・ロビー(ケイリー・グラント)が主役。「猫」というあだ名は、屋根を身軽に飛び回って逃げる姿からついたニックネーム。
ある日「猫」と同じような手口で高級ホテルから宝石が次々と盗まれる「偽猫」が現れ、無実のロビーは警察に疑われ、追われる。無実を証明するべくロビーは独自で犯人探しをするために、「偽猫」が狙いそうな、宝石を多く持つアメリカ人親子ジェシーとその娘フランシス(グレイス・ケリー)に近づいて犯人を捕まえようと奮闘する。

カールトンホテルのスイートルームに滞在しているフランシス(グレイス・ケリー)が日光浴をしている姿や

beach.jpg

ロビーでデートの待ち合わせをしている姿

carlton hotel.jpg


フランス王家をテーマにしたパーティーなど

party.jpg

夢のように煌びやかなシーンばかり。

南仏旅行前に見ると、オケージョンごとにお洒落を満喫するグレイス・ケリーの姿に刺激され、スーツケースの準備をするのが楽しくなりそうです!

個人的には、映画の中の当時のカンヌの様子は今もあまり変わっていない気がします。

とっても高級な宝石を盗まれたのに、「私、宝石を盗まれたというシチュエーションにとってもわくわくしているの。」というフランシスの母親の言葉のように、お金よりもユーモアに溢れていた当時の雰囲気に夢をもらえます。

コートダジュール旅行をされる方は事前に見られると、きっと宝石のようにキラキラした旅のインスピレーションをもらえるはずです!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

西川 彩奈

フランス・カンヌ特派員の西川 彩奈が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/カンヌ特派員
名前:西川 彩奈

西川 彩奈

カンヌ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

カンヌを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

カンヌ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > カンヌ特派員 > カンヌが舞台、グレイス・ケリーのお洒落とロマンティックが詰まった映画。

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について