トップ > ヨーロッパ > フランス > カンヌ特派員 > ファンタジー溢れるお菓子屋さんが紹介してくれた南仏の伝統菓子

フランスフランス/カンヌ特派員ブログ

ファンタジー溢れるお菓子屋さんが紹介してくれた南仏の伝統菓子

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 / レストラン・料理・食材 投稿日:2015年1月24日

カンヌのオールド・タウンに入る石畳の道Rue Meynadier(ルー・メイナディエ)。南仏の伝統食品や手作り石鹸屋さんが並び、お土産を探すのに最適なアーケードです。


その中でも一際お菓子のお家のようで、ついつい足を止めてしまう"DÉLICES LAMARQUE"(デリス・ラマルク)

DELICES LAMARQUE.JPG


フランス南部のAlbi(アルビ)発で現在8店舗を展開していて、"昔ながらのマルシェにある、ファンタジー溢れるお菓子 "が販売されています。カンヌ近隣の小さな菓子工場やプロヴァンスの小さな村から届くラルチザンのお菓子が並びます。


小さな店内は可愛いお菓子や地元産リキュール、ジャムやテリーヌなどで埋め尽くされた宝石箱の様です。


shop.jpg

スタッフのジャン=ジャックさんが一つ一つ丁寧にお菓子を説明してくれます。この日はお菓子に使われていたフルーツ、マルメロの果実の話で盛り上がりました。ジャックさんの「日本でもマルメロの果実は食べるの?」という質問など、情報交換をするのも楽しいです!


JEAN.JPG


今回はジャックさんが南仏のお土産にお勧めのお菓子をご紹介してくれました。

GUIMAUVE(ギモーヴ)

フランスのマシュマロです。南仏で良くお酒に使われるアニスや、ラベンダー、ローズ、スミレの味付けされたものがあります。

guimauve.jpg


こちらのミックスは色も味もとりどりでとっても可愛いです!

color.jpg


NOUGAT(ヌガー)
砂糖、蜂蜜、ナッツ、アーモンド、花が混ぜられているソフトキャンデーのようなお菓子。アーモンドのカリカリとした食感が美味しいです。

nougat.jpg


ヌガーのケーキ風デコレーションも遊び心があふれていて南仏らしい!


cake.jpg


ROU DOU DOU(ルードゥドゥ)
貝殻の中に飴を流し込んだキャンディ。掌にのせてペロペロとなめて、海辺を歩くのが楽しいそう。ジャン=ジャックさんのおじいさんも少年時代に食べていた、昔からあるお菓子だそうです。

ROU DOU DOU.JPG


カンヌ近隣のレランス諸島の修道士が生産するワインで創ったチョコレートも、風味豊かでジャックさんのお勧め。

wine chocolate.jpg


こちらはオリーブ風のチョコレート

olive chocolate.jpg


見た目はマカロン、一口食べると、、、ん!?チョコレート!

Macaron.jpg


動物たちのPÂTE D'AMONDE(マジパン)がお出迎えしてくれます。

PATEDAMAND1.jpg


南仏のお菓子の冒険を是非楽しんでください。


Délices Lamarque
43,rue Meynadier,06400,Cannes
Tel:+33 4 93 68 04 80
月曜日~土曜日:9:30-19:00
日曜日:9:30-17:00
HP: www.deliceslamarque.com

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

西川 彩奈

フランス・カンヌ特派員の西川 彩奈が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/カンヌ特派員
名前:西川 彩奈

西川 彩奈

カンヌ特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

カンヌを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

カンヌ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > カンヌ特派員 > ファンタジー溢れるお菓子屋さんが紹介してくれた南仏の伝統菓子

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について