トップ > 中南米 > メキシコ > カンクン特派員 > メキシコの新型コロナウイルスについて

メキシコメキシコ/カンクン特派員ブログ

メキシコの新型コロナウイルスについて

カテゴリー:治安・渡航安全情報 投稿日:2020年9月 3日

こんにちは! 
1年ぶりの投稿となります。


遅ればせながら、メキシコの新型コロナウイルスについて、メキシコは2020年3月下旬にロックダウンが始まり、約3ヵ月ほど続いたあとの6月中旬から徐々に緩和され現在に至ります。
感染者や死者の数字を挙げてもピンときませんが、状況としてはアメリカ・ブラジルに続き世界ワースト3位⤵。


さまざまなコロナウイルス情報が飛び交うなか、在メキシコ日本大使館 が発信する新型コロナウイルス関連情報と、さらに国というよりも州が発信 する情報を参考にしています。
また、メキシコ連邦政府が発信する信号情報 赤・橙・黄・緑色により活動基準が決められていて、それを守りながら6月中旬頃から経済活動も再開されました。
信号が赤(活動停止)が現在は黄色寄りの橙(この表現がメキシコらしい)になり、ゴーストタウン化していたホテルゾーンも少しずつ活気が戻り始めたカンクンです(心から嬉しい!)。
ホテルやレストランでもしっかりとコロナ対策をして営業をしている印象を受けたので安心です。


目に見えない恐怖により、カンクン・メキシコに限らず、世界中のすべてがストップしてしまったようでいつの時代を生きているのか??という気分にもなりましたが、現実にはストップしている訳ではなく、新しいビジネスや働き方を模索したり、「日常」が「非日常」に変わっていくなかで価値観も変わり、コロナ禍による"気づき"があることで、逆に進化しているんだな~と思えるようになりました。
パンデミック、ロックダウン、エッセンシャルワーカー、クラスター、ソーシャルディスタンス、三密など、専門用語は耳慣れないものでしたし、ニューノーマルという用語に関してはこれからも状況にあわせて変化し続ける。
ウイルスと共存プラス、そういった変化にもうまく適応しながらの生活になるのでしょう。


ロックダウン中に喜んだのは野生動物だったというニュースを見ましたが、カンクンも例外ではなく、ツーリストが消えた期間、観光地に行く途中では動物たちが道路に出ていたという情報もありましたし、6~9月までジンベイザメがカリブ海を回遊しに来る時期なので、彼らの立場になれば、何隻ものボートと人に囲まれ自由に泳げないという「非日常」が、ボートのエンジン音さえしないカリブの大海原を悠々と泳げる「日常」に一瞬でも戻ったのならそれはうれしいことですね。


とにかく、手洗い・うがい・マスク・消毒ジェルは当たり前、外出も半分楽しみ&半分は警戒しながらになりますが、また少しずついろいろなことをお伝えしていこうと思います。


ビーチヘのアクセスは解禁になっていませんが、PLAYA LANGOSTA(ランゴスタビーチ)の敷地へのアクセスは可能でした。
CANCUNの文字が愛おしい!
4d467b94-66ea-4b50-8395-271d4342cdbf.jpg


Hasta luego!!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

美貴 PASSOS

メキシコ・カンクン特派員の美貴 PASSOSが現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

メキシコメキシコ/カンクン特派員
名前:美貴 PASSOS

美貴 PASSOS

1980年代は水泳の日本代表として様々な国を遠征し、異文化に触れる。1997年より2年間、中米グァテマラにてJICA活動に従事。 その後、旅行で立ち寄ったカンクンに魅せられ、2000年に移住。メキシコ人と結婚し、2児の子育てに奮闘しながら、現地旅行会社に勤務。 カンクン生活は20年目に突入。 旅行会社と住人の視点を活かして、メキシコ・カンクンを分かりやすくご紹介します。 お問い合わせ等ございましたらこちらまでご連絡下さい。

カンクン特派員トップにもどる

その他のメキシコの特派員

カンクンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

カンクン特派員トップにもどる

トップ > 中南米 > メキシコ > カンクン特派員 > メキシコの新型コロナウイルスについて

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について