トップ > 中南米 > メキシコ > カンクン特派員 > 母の日に思う事~

メキシコメキシコ/カンクン特派員ブログ

母の日に思う事~

カテゴリー:イベント・行事・お祭り 投稿日:2019年5月16日

5月10日、メキシコは母の日でした。
世界中のママへ ♡おめでとう&ありがとう♡


3年前にも母の日をテーマにこちら の記事を投稿しましたが、
母というのは無償の愛を注ぎそして偉大。
優しい、温かい、おおらか、明るい、というプラスのイメージを持つはずが、
スペイン語がわかりだしてから、ある矛盾を感じていました。
それは・・・・・メキシコ(スペイン語)のスラングになるのでしょうか、
母へのイメージとは反対の意味を表現するときに使うフレーズがあるからです。
ちなみに、メキシコに来る前は同じ言語(スペイン語)のグアテマラという国に住んでいましたが、耳にしたことは無かったですね~。
ホームスティの家族が気を使っていたのでしょうか。


例えば、楽しかったことや素敵な出来事を誰かに語るとQue padre!(ケ・パードレ)と言われます。
可愛いものを持っているとEstá padre! (エスタ・パードレ)
強調したいときにはpadrísimo(a)!!(パドリィシモ) と
素敵・可愛い・美しいを表現する際にはPadre(父)が使われます。
メキシコはMACHISMO(マチズモ)男性優位主義が残っている国ですので、
言語にその背景が残っているのだろう、と主人の説。


反対に、
desmadre=カオスな状態を表す時。
me vale madre=私には関係ないという時。
Ya valió madres=思っていたようにことが進まず、無理だとなった時。
esta madre=これ という意味ですが使いにくかったり、不便なものに対してこいつ!という時。
Ni madres= No!の意味。
Qué poca madre=なんてことだ!
という風にマイナスの意味を表現する際にMadre(母)が使われています。
もっと表現が悪くなると、(全文は書けないのでご了承ください)
○ut○ madre,○hin○a tu madre などと、
喧嘩をしている人の言葉を聞くと、〇〇madre、××madre、△△madre といったい何回Madreを使うのか数えたくなるくらい(笑)


古き良き時代の日本でも、おまえのかあさんなんとやらというフレーズがありますが、
メキシコではお母さんの登場回数がとっても多いので、主人に聞いてみると、
メキシコ人女性(母)は強いので、マイナスの表現にどれだけ使われても、海よりも深い母の愛で受けとめてくれるのだ! ということだそう。
どこまでも母を愛する文化。
言語にまで現れるなんて、奥が深いなと思いました。

Hasta luego!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

美貴 PASSOS

メキシコ・カンクン特派員の美貴 PASSOSが現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

メキシコメキシコ/カンクン特派員
名前:美貴 PASSOS

美貴 PASSOS

1980年代は水泳の日本代表として様々な国を遠征し、異文化に触れる。1997年より2年間、中米グァテマラにてJICA活動に従事。 その後、旅行で立ち寄ったカンクンに魅せられ、2000年に移住。メキシコ人と結婚し、2児の子育てに奮闘しながら、現地旅行会社に勤務。 カンクン生活は20年目に突入。 旅行会社と住人の視点を活かして、メキシコ・カンクンを分かりやすくご紹介します。 お問い合わせ等ございましたらこちらまでご連絡下さい。

カンクン特派員トップにもどる

その他のメキシコの特派員

カンクンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

カンクン特派員トップにもどる

トップ > 中南米 > メキシコ > カンクン特派員 > 母の日に思う事~

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について