トップ > 中南米 > メキシコ > カンクン特派員 > 2019年トレンドカラーの場所「ピンクレイク」

メキシコメキシコ/カンクン特派員ブログ

2019年トレンドカラーの場所「ピンクレイク」

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年5月 7日

様々な分野でパイオニアがいますが、に関して幅広い事業活動を行っている、いわば「色」のパイオニアPANTONE 社が、毎年カラー・オブ・ザ・イヤーというのを選定しているそうです。
2000年から始まったカラー・オブ・ザ・イヤー、今年2019年の色はLiving Coralというピンク色
記事はこちら PANTONE社のInstagram もステキです☆


ピンク色といえばインスタ映えするとして数年前から注目を集める場所が、
ここメキシコにあります。
それが今回ご紹介するピンクレイク!!
482d351f-4302-42a7-b8b8-a511c2cc62e6.jpg

(iPhoneで普通に撮っただけでこんなにキレイ☆)


選定委員のメンバーも、おそらく(かならず)このピンクレイクを目にしてくださっているはず、そしてこの場所も一役かっているはず!


話題を集めているこのピンクレイクですが、実は観光地ではなく個人の塩工場。
観光客よりも商売優先・・・・ということで突然塩の採取を始めてしまいます。
見れない時もありますので、どうぞご了承ください。
(余談になりますが、世界の塩生産量 国別ランキングでメキシコは9位。)


なぜピンク色?という素朴な質問なのですが、いろいろな説がある中、私が読んだものによると、
ドナリエラ(Dunaliella)という緑藻の一種がカロテノイド(動植物界に多くみられる色素種)を多く含んでいて、光の強い環境では細胞などを保護しようとし、その反発でカロテノイドの赤い成分が多く作られ
ピンク色になるそうです。


ピンクレイク、またLas coloradasと呼び名がありますが、カンクンから約3時間半。
カンクンのあるQUINTANA・ROO州からYUCATAN州に入ります。


自力で行くには少し難しいので、ツアーに参加されることをお勧めします。
ピンクレイクだけに行くツアー、
ピンクレイク+遺跡を巡るツアー、
ピンクレイク+メキシコ湾をボートに乗ってフラミンゴやワニ等の自然動物を見たり、ミネラルたっぷりの泥パックにも連れて行ってくれるツアー
もあるので、行程と料金をチェックして♪♪


綺麗に見れる条件は、もちろんお天気が良く風がないこと。
時間帯によって(太陽の位置)でもピンクの色味が変わります。
ピンク×青×白 色のバランスはお好みでユニークな写真におさめてみるのもいいかも。
注)ピンクレイクは遊泳禁止!!


a758e470-91bf-4183-9aaf-696d6b244189.jpg
cc589548-289d-4b5b-9cea-26fe2ec99863.jpg


ピンク好き、可愛いもの好き女子に関わらず、一度はこの目で確かめたい2019年の色=場所。
ピンクは心と体を若返らせる効果があり、心を満たし、人を思いやるあたたかさを与えてくれるんだそう✿
是非訪れてみてください。


Hasta luego!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

美貴 PASSOS

メキシコ・カンクン特派員の美貴 PASSOSが現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

月別記事一覧

特派員プロフィール

メキシコメキシコ/カンクン特派員
名前:美貴 PASSOS

美貴 PASSOS

1980年代は水泳の日本代表として様々な国を遠征し、異文化に触れる。1997年より2年間、中米グァテマラにてJICA活動に従事。 その後、旅行で立ち寄ったカンクンに魅せられ、2000年に移住。メキシコ人と結婚し、2児の子育てに奮闘しながら、現地旅行会社に勤務。 カンクン生活は20年目に突入。 旅行会社と住人の視点を活かして、メキシコ・カンクンを分かりやすくご紹介します。 お問い合わせ等ございましたらこちらまでご連絡下さい。

カンクン特派員トップにもどる

その他のメキシコの特派員

カンクンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

カンクン特派員トップにもどる

トップ > 中南米 > メキシコ > カンクン特派員 > 2019年トレンドカラーの場所「ピンクレイク」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について