トップ > 中南米 > コロンビア > カヒカ特派員 > 市場の卵屋さんを紹介!&強制自宅待機措置さらに延長

コロンビアコロンビア/カヒカ特派員ブログ

市場の卵屋さんを紹介!&強制自宅待機措置さらに延長

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 治安・渡航安全情報 投稿日:2020年6月30日

¡Hola! カヒカ特派員のSaeです。
 
 
新型コロナウイルス感染者が減りません。一見、町はまるでいつもどおりのように見えるのですが、強制自宅待機措置は続いています。
2020年6月23日、ドゥケ大統領は、この強制自宅待機措置を7月15日まで延長すると発表しました。
終わりが見えないようですが、一方で美容院なども少しずつ開き始めているようです。
 
 
さて、突然ですが、皆さんは卵をよく食べますか?
実は、ひとりあたりの年間消費量は日本は世界第2位、コロンビアは4位なんだそうです。
日本だとスーパーなどで売っている卵は10個入りが多く、ひとり暮らしだと6個入りを買うことも多いですよね。
ここコロンビアでは、なんと30個入りが基本です。もちろんバラで欲しい分だけ買うこともできるのですが、日本と違って生食はせず賞味期限も長いため、わが家は毎回30個入りを2ケース買います。
 
市場の卵屋さんは、こんな感じです。
eggs1.jpg eggs2.jpg
卵がずらっと並んでいます。ランクや大きさによって、値段が違います。
「この種類、30個入りを2ケースください」と言うと、店員さんは手際よくケースを重ね、くるくるっと紐で束ねてくれます。
ちなみにこの日に買った卵は、合計60個で1万7000ペソ(おおよそ500円弱)でした。
 
 
そのほか、日本と違うのはご覧のとおり常温で売っていることと、卵に、よく鶏の羽根らしきものや、鳥の巣?のような繊維がくっついていることがあることです。
Pelico(ペリーコ)という、刻んだタマネギとトマトが入っているスクランブルエッグや、Changua(チャングア)というミルクスープなど、ここコロンビアでも卵は朝ご飯に欠かせない食材です。
 
コロンビアに来たら、朝ご飯にぜひコロンビアの卵料理を試してみてくださいね。
 
 
それでは。
¡Chao!
 
 
コロンビア国内感染者数(2020年6月28日時点):9万1769名
死者数:3106名

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Saeさん

コロンビア・カヒカ特派員のSaeさんが現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

コロンビアコロンビア/カヒカ特派員
名前:Saeさん

Saeさん

結婚を機に、2019年に移住したばかりの新米コロンビア人妻。夫とともに、首都ボゴタから少し離れた郊外で、山に囲まれた田舎生活をしています。でも本当は、海が好き。主婦業のかたわら、ライティングや英語指導をしながら、不自由な言葉、慣れない環境に悪戦苦闘中。コロンビアって、なんだか危なさそうだし、そもそもなにがあるのかよくわからない?わたしがコロンビアのおもしろいところ、たくさんお伝えします! DISQUS ID @disqus_wgNh9m9fIU

カヒカ特派員トップにもどる

その他のコロンビアの特派員

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

カヒカ特派員トップにもどる

トップ > 中南米 > コロンビア > カヒカ特派員 > 市場の卵屋さんを紹介!&強制自宅待機措置さらに延長

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について