トップ > 中南米 > アルゼンチン > ブエノス・アイレス特派員 > RURAL22は7月31日まで「ルラル/アルゼンチン最大の農業牧畜の祭典」

アルゼンチンアルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ

RURAL22は7月31日まで「ルラル/アルゼンチン最大の農業牧畜の祭典」

カテゴリー:お知らせ / イベント・行事・お祭り 投稿日:2022年7月27日

アルゼンチン最大の農業牧畜の祭典ルラルが2022年7月31日まで開催中です。

plano2.jpg

会場はイタリア広場Plaza Italiaにある、La Ruralラ ルラル 農牧展示場。
地下鉄D線 Plaza Italiaプラサ イタリア駅下車して、上に出たらすぐ会場が見えます。
牛さんの写真が目印です。
市内中心部から地下鉄で(乗れば)15分です。

パレルモのイタリア広場地下鉄D線Plaza Italia 駅からすぐに入り口があります。

EXPORURAL22 7月31日まで午前9時から午後8時まで 
入場料
オンライン購入 月から水は700ペソ、木から日は900ペソ
www.laruralticket.com.ar
システム手数料有
イタリア広場とサルミエント大通り側チケット売り場
1000ペソ 
高齢者証所持者は
月、火は無料、水から金は500ペソ
8歳未満は無料



とっても楽しむことができます。
haitta.jpg
(2年ぶりに開催会場に入って感動のセルフィーです。なお、ブエノスアイレスは現在とても寒いです)

patricia.jpg

(入ってすぐはサルタのパトリシアさんのスタンドです 写真パトリシア提供)

kawaii.jpg
(真ん中が友達のパトリシアとスタッフ  TOMOKOのブログを見たと言えば喜びますのでお願いします。
295106987_5419773644784019_8272133412794335528_n.jpg

ここは正統派の農牧グッズが買えます。 そしてショーをやっていたので人だかりでした。
buenosaires.jpg

 もう終わりの時間帯でしたのですっきりしたブエノスアイレス市のスタンド
kiri.jpg

ushisan.jpg restoran.jpg
霧が深いのでぼけていますがこんな感じで、普段、展示会場なので運動不足の牛を出して歩かせている様子が夜に見られます。
ushito.jpg

牛さんと映るのはこんなときがチャンスです。

uma.jpg  

(アルゼンチンは馬も有名です マリアナさん(Mariana Villegas de Agüero)は子どものころから馬と一緒に育ったそうです。RURAL広報提供)

campeon.jpg

(BRADFORDのチャンピオンです RURAL広報提供)


wagyu.jpg
(WAGYUカテゴリーもあります。メスの優勝牛 RURAL広報提供)
品評会なので、毛並みだけではなく馬具も特別にした馬や、美しく大きく見せられる牛を見るのは楽しいです。

毎日いろいろなプログラムがあり、地域の物産展も開かれますので、お買い物袋をご用意ください。
牛さんや豚さんの横で、アサードやチョリパンを食べることもできます。

ステキなガウチョを着ているのは農場の方ですが、品評会のときは晴れ着を着ています。


また、引き連れる牧場代表の人々もおしゃれなガウチョファッションをしています。
特にかぶって着るポンチョは出身地域の特徴が出ているものです。

またポケットについているチェーンのようなものは、クエンタガナドと呼ばれる牛を数えるのに使う、そろばん玉のような役割のものです。また背中にナイフをいれているのは、普段は実用的なものですが、この場面では銀細工を施した特別なものです。

帽子の形によって牧場の出身地域を知ることもできます。ベレー帽をかぶっているのは、ブエノスアイレスバスク地方で牧畜従事者であった先祖を持つ人達の証明です。
現在は4世ぐらいのアルゼンチン人になります。


ガウチョファッションのお店も出ていますので、お買い物にも便利です。お土産にもいいでしょう。


シェフの料理ショーもあります。

130年以上続いている伝統ある祭典であり、中央の競技場のような場所は家畜の品評会会場です。
アルゼンチンの農業牧場文化がここに集大成されます。
様々な種類の家畜を見せるだけではなく、農産物の展示、即売、試食があります。
アルゼンチンの各州のブースではその地域の特産物が見られ、またその場で試食できるので、食においてアルゼンチンを一周できることとなります。

地方農産物展示会場では、ワイン、ジャム、パンの付け合わせ、オリーブオイル、アルファフォール、ヤギのチーズやサラミを試食できます。

また実際に世界三大飲料のマテ茶を飲みに行くのも素敵です。


その他、トラクターなどの農業技術に必要な機械も展示していますし、企業ブースもあります。

294906302_5419776198117097_2596671809743325052_n.jpg

この日は農牧展の中の農業テクノロジーの祭典のディナー表彰式に出席しました。また別の記事でご報告します。

こちらがRURALのプログラムです。

http://www.exposicionrural.com.ar/index.php/programas-y-actividades/
7月31日午前10時は中央ですべてのカテゴリーのチャンピオン家畜のパレードがあります。
またこれは恒例なんですが終盤に公式開会式があります。今年は7月30日午前11時から午後1時まで、一番素晴らしい家畜のショーは必見です。農牧組合の会長さんをはじめ、大統領や農林水産業大臣が通常なら臨席して行われます。
しかし輸出課徴金の問題があり、まだ政府と農家は対立中で、出席の確認は得られていません。
どちらにしてもパレルモ地区は警備体制と人が増えるので早めの行動をするか、心配な方は外に出ないほうがよいでしょう。

なお、アルゼンチンは現在冬休みなので平日も子ども連れが多いです。週末は特に人が多いです。
アルゼンチンの方は午前中は出かけないので、午前中がすいていますのでお勧めです。
平日は夕方から、土日はだいたい1時すぎから混みますね。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

相川 知子

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員の相川 知子が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アルゼンチンアルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員
名前:相川 知子

相川 知子

1991年よりブエノスアイレス在住。スペイン語とラテンアメリカが大好き。アルゼンチンのことを日本に周知がライフワーク。 地球の反対側のふしぎな価値観と視点をお届けします。日本語/スペイン語教師、通訳者/翻訳者。さらに撮影コーディネーターですので、秘境、極上の旅からビジネス向けもお任せあれ。1986年来地球の歩き方読者なのでバックパッカー節約旅行も対応!個人ブログはこちらへどうぞ。

ブエノス・アイレス特派員トップにもどる

ブエノスアイレスを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ブエノス・アイレス特派員トップにもどる

トップ > 中南米 > アルゼンチン > ブエノス・アイレス特派員 > RURAL22は7月31日まで「ルラル/アルゼンチン最大の農業牧畜の祭典」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について