トップ > 中南米 > アルゼンチン > ブエノス・アイレス特派員 > #ASIAFESTに行ってきました。

アルゼンチンアルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ

#ASIAFESTに行ってきました。

カテゴリー: 投稿日:2022年7月17日

「アジアフェスト」とはアジアのいろいろな国の食文化の"仕掛け人"が集まり実施している祭典です。日本、韓国、中国、インド、インドネシアをテーマにした飲食関係の催しです。

ブエノスアイレスでは初めての開催とのことですが実は2020年に開催予定されていましたが新型コロナウイルスのパンデミアで延期が重なり、とうとう2年越しの開催です。
また、対面のこのような催しはもう2年半ぶりの人が多く、久しぶりの面々で再会の喜びを分かち合いました。
アジアの国からの人、そしてアルゼンチンに移住した人、その子孫、そしてそれぞれの文化の愛好者が結集し、会場はここはどこ? 本当にブエノスアイレスなのか状態です。さらに南米、例えばエクアドルからこの機会を利用してブエノスアイレス観光に来た人もいました。

292721508_822383052475509_5641495608248171547_n.jpg 292656689_822382875808860_6340087961483332177_n.jpg
シェフによる料理講座やショー、文化ワークショップ、セミナーやショーなどがあり、スタンドでテナントで食事や買い物も楽しめます。ショーやワークショップ参加は入場料に含まれています。買い物はそれぞれの場所で実費を支払います。現金でもカードでも受け付けています。

地下鉄はD線ならCarlos Pellegrini 駅、B線は9 de julio駅でおりますと500メートル以下の徒歩で着きます。
chikatesu.jpeg
この出口 Carlos Pellegrini 300 を目指しましょう。なお、出るとオベリスコがあり、素敵ですが、町の中心部で少しアブナイですからできるだけ写真撮影などは控えた方がいいでしょう。

kanban.jpeg
Carlos Pellegrini カルロスペリグリニ通りを下ると100番題でこの看板を曲がりましょう。
Bartolome Mitreバルトロメ・ミトレ通りです。そこから一ブロックでお屋敷が見えます。

palacio.jpeg
会場は サンミゲル宮殿とありますのは昔の旧家の御屋敷を改造したイベント会場だからです。
この素晴らしさ、美しさも圧巻です。

WhatsApp Image 2022-07-16 at 3.15.08 PM.jpeg
(玄関にいる私、皆さんにこのイベントをお知らせするために送ったらTOMOKOステキ!などのメッセをいただきました。
私がステキというよりもこのドアが美しいですよね!)

当時も現在も最高のアールヌーボー建築家と称されるJulián García Núñezフリアン ガルシア ヌニュス(スペインのカタランのバルセロナとカスティージャ出身の両親の元で生まれ、バルセロナで学び、また世界を見聞したことにより、アルゼンチンにアールヌーボーながら折衷様式でカタラン建設などを取り入れ唯一のスタイルに成長させた)により、
1857年建設され、当時は南米で最高峰のサンミゲル商店でした。ドレスなど、衣装を作る生地を売っているお店でした。
正面にサンミゲル教会があるのでその名前を冠していますともいいます。


tenjoo.jpg


内部はアールヌーボー式建設でその昔、ブエノスアイレスは南米のパリと称され、フランス式の建物が多かったのです。特に表は主に使用された大理石はイタリアで下の支柱などのブロンズはもともとはイギリス製です。
折衷様式でもあります。
天井のステンドグラスは圧巻で彫刻の細微なことはうっとりします。

otearai.jpeg
お手洗いも美しくこの場所にいるだけで楽しくなります。 現在は 社交の場所として様々なイベント、パーティー、展示会などが開催されています。また、アルゼンチンの、タンゴの神様と言われるカルロスガルデルの映画が撮影されました。


saibu.jpg

hitohito.jpg

Palacio San Miguel (Suipacha 84, CABA)
Dias: Sabado 16 de julio 13 a 21 hs | Domingo 17 de julio 12 a 20 hs.
Lugar: Palacio San Miguel (Suipacha 84, CABA)
https://www.instagram.com/asiafestarg


なお、オンラインチケット販売は終了しましたが、現地でも入場料は購入できます。
1400ペソで一日いることができます。
なお、10歳以下は無料です。(身分証明書提示のこと)
会場はエアコンで温度調整されていますし、雨天決行です。
セキュリティがおりますが、お荷物は自分でお気をつけください。
医師の指示しているなどでない限り自身の飲食物をもって入場することはできません。
(会場で買ってくださいということです)

kaijoo.jpg
2階へ行くと飲食店上からセミナーを除くことも可能です。
食べるところとセミナー会場を分けているのはいいですね!

飲食スタンド
@KawaiiClubCafe @WagashiPasteleria @KohanaSushi @AmomiMatcha @kyoen @TakeAsianMarket @Semaul @BubbleTeaHouse @saigo fubao
kawaii.jpg

karinto.jpg

(カワイイクラブカフェは大人気で午後3時でもうサンドが売れきれという嬉しい悲鳴でした。なお DAISANDOといいますがカツのはおいしいですよ、それからかりんとうのしょうゆ味、ごま味、どちらもポリポリやめられないおいしさです。)
カワイイクラブのとなりはこちらのラーメンやです。奥の調理室で作業なので20分以上かかります。
もちろんその前にたくさんいればもっとかかりますので、待ち時間を聞いて他を見て戻ってくるのがいいでしょう。
ramen.jpg

WhatsApp Image 2022-07-17 at 12.53.40 PM.jpeg
まっている間に浴衣のパラグアイから来たという人達がいたのでパチリ、ちょっと着方がおかしかったので直してあげるというおせっかいなハプニングもありました。でも暖簾背景にできてなかなかよい写真を撮ってあげられて、また掲載がとても嬉しいと言っていました)


raamen.jpg


(一緒に行ったお友達のラーメンを写させてもらいました。ご感想は。。。まずくはないがラーメン?しかも豚骨ラーメンをたのんだのでちょっと???でした)
raamen2.jpg
(アルゼンチンお決まりのぬるいラーメンなのが一番の原因だと思います、材料は悪くないし、先ほどのセミナーでアルゼンチン人は濃い味が好きだから、というのもまあSUSHIの傾向でよくわかりますが。。。ちなみに1700ペソですのでアルゼンチン製ラーメンということで妥当な値段でしょう。レストランではもっと高いですからね。。。。)

aizawa.jpg
(麺も、アルゼンチン製の小麦粉なのでまずいわけではないのですが。。。日本でいうラーメンとはちょっと違う、やはりご本人も言っていましたが  かんすいが決めてなんだけれども。。。なかなか難しいんですよね)
(日本で修業したし、今アルゼンチン各地を回って食材を選びラーメン伝道をしている相沢アリさんがセミナーをしていました。)

indonesianoko.jpg
(インドネシアの演奏をしにきたアルゼンチン人の若い人達、学校の名前にインドネシアがついているので伝統行事があり、覚えたそうです。衣装もステキでお声をかえてパチリ!)

chugoku.jpg

chuugoku.jpg

(台湾出身のアン(真ん中)は台湾語・中国語ならびに文化の普及を担っています。久しぶりーーーもう二年半会っていなかったとお互い感激しました)
sushikatta.jpg

(一緒にいった野原シルビアさんは沖縄系の二世です。日本語の生徒でしたし、沖縄の踊りなどや墨絵や折り紙をよくする芸術家です。その娘さんはアルゼンチン的SUSHIが大好きなのでお土産に買いました)

martinsan.jpg

(このお寿司を作ったのはマルティン・アベジャネーダさん、アルゼンチン人ですが心は日系という方で長年SUSHIを作っています。今回のこのピンクはビーツで着色したそうです。かわいいので買ってくれやすいとのこと。。。フライ寿司もあります)

norimaki.jpg

nedan.jpg

(アルゼンチンはインフレがすごいので値段を印刷できなかったり上に書いたりします。アルゼンチンの為替公定レートでは、今、だいたいこのアルゼンチンペソをそのまま円にすれば同じぐらいです)

kimuchichaahan.jpg

indo.jpg

cake.jpg ocha.jpg chugokubeer.jpg ichigodaifuku.jpg saigon.jpg inodnesia.jpeg
(韓国、インド、インドネシア、ベトナムと続きます、もちろんアルゼンチンでは人気の日本的チーズケーキCHEESE CAKE JAPONESもあります。スフレチーズケーキはアルゼンチンの人達いは今や憧れのケーキなんんです。そのほかAMO MI MATCHAの抹茶スイートそしてタピオカ抹茶ドリンクおいしかったです。お値段は700ペソで高い方ですが今や抹茶は高級品です)
スペイン語では MATCHA BUBBLE TEAと言います。現在 Matcha point は閉店したのでこのようなイベントの機会で飲むことができます。293460367_5395526440542073_1778511187346708101_n.jpg
293980508_5395528483875202_5150301705922141811_n.jpg
bubbletea.jpg
indocafe.jpg
(インドネシアにはコーヒーやココナッツベースのスイートを食べてみました)
indonesiaswee.jpg
butai.jpeg vietnumtaishi.jpg kami.jpg
(インドネシアコーヒーのプレゼンの最後にベトナム大使がいらっしゃっているとアナウンス、スペイン語が下手で申し訳ないとおっしゃりながら、ご挨拶され拍手喝采でした。)

tenjoohitonashi.jpg bubbletea.jpg

その他いろいろな日本、韓国、インド、中国などのグッズも購入することが可能です。
アルゼンチンの人達が上手に箸を使いラーメンを食べる姿を見ることもできます。

genkan.jpg

なお、正面の舞台の奥に講堂があり、別のセミナーなどが開催されているのでチェックしましょう。ここもシャンデリアが美しい。
韓国語を教えていました。


ressun.jpg

注 すべてのスタンドの方々はいそがしくて相手できないときもありますが基本的に写真など撮ってくださってありがとうとおっしゃってくださっています。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

相川 知子

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員の相川 知子が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アルゼンチンアルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員
名前:相川 知子

相川 知子

1991年よりブエノスアイレス在住。スペイン語とラテンアメリカが大好き。アルゼンチンのことを日本に周知がライフワーク。 地球の反対側のふしぎな価値観と視点をお届けします。日本語/スペイン語教師、通訳者/翻訳者。さらに撮影コーディネーターですので、秘境、極上の旅からビジネス向けもお任せあれ。1986年来地球の歩き方読者なのでバックパッカー節約旅行も対応!個人ブログはこちらへどうぞ。

ブエノス・アイレス特派員トップにもどる

ブエノスアイレスを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ブエノス・アイレス特派員トップにもどる

トップ > 中南米 > アルゼンチン > ブエノス・アイレス特派員 > #ASIAFESTに行ってきました。

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について