トップ > 中南米 > アルゼンチン > ブエノス・アイレス特派員 > おてもやんからブエノスアイレスのマリア様 ブラジル日報連載中

アルゼンチンアルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ

おてもやんからブエノスアイレスのマリア様 ブラジル日報連載中

カテゴリー:エンターテイメント・音楽・ショー / 文化・芸術・美術 投稿日:2022年2月 4日

早いもので新しい年2022年になってから1ヵ月、2月になりましたね。
去る1月29日からまずは11日間、2022年1月4日より創刊された南米邦字新聞ブラジル日報に拙稿「おてもやんからブエノスアイレスのマリア様」が掲載されます。

0139.jpeg

本日2月3日までに3回掲載されています。

この物語の主人公は1932年に熊本からアルゼンチンに渡った女性です。カ子(かね)さんに初めてお会いしてから10年ほどお付き合いをさせていただきました。そのご本人から見聞きしたお話を再録した形態をとっています。
「事実は小説よりも奇なり」と言われることを地でいっている人々は移住者の中に多いのですが、特に女性の人生の話はあまり日の目を見ることは少ないと思います。

取材を通じて知り合ったのですが、私はカ子(かね)さんの心意気にほれ込んでしまいました。仕事以上に人生の大先輩としていろいろ学ばせていただきましたし、わたしがいつもお話を聞いていたり質問をしていたので、結果、興味深いことに、ご家族の方も知らなかったという事実が多々ありました。

現在、119歳で世界最高齢は福岡の田中カ子さん(1903/明治36年-)ということですが、奇しくも同じ名前の私のカ子さん田中カ子さんは2歳年下です。

物語を書くに当たりアルゼンチン日本人移民史(FANA発行)、サルミエント日本語学校創立七十五周年記念誌、邦字新聞などの資料にあたりました。さらに、在アルゼンチン日系社会のいろいろな世代の方々からも家族の皆様の思い出話などを聴かせていただきました。

一方で、日本語はできるが、日本語の本や、邦字新聞の高齢な日本人の書く漢字の比重が大きい記事は難しすぎて読めないという声も聞いていました。そのため、自分の母親か祖母のような人の話でアルゼンチンが舞台ならこちらの事情もわかっているのだから読みやすいだろうと思い、同時にブラジルをはじめ南米生まれの方々のために読みやすい日本語で書くように努めました。日本文化の説明や描写が日本の方には少し細かすぎるかもしれないのはそういう理由があります。主人公のカ子さんが子供たちに、そして孫たちに諭すようにそして説明するという手法を取っています。同時に異文化理解のテーマなどが出てきます。
第一部はカ子さんの移住のストーリーが中心です。
1930年頃から45年頃までのお話しです。
第二部ではもう少し現代に近づきます。実はこのカ子さんは2002年NHKのど自慢inブエノスアイレスに出演されました。
皆様の応援と私の余力があれば第三部も書きたいです。
アルゼンチン日系社会の歴史に少しでも興味を持っていただければ幸いです。新聞小説で一章ずつ掲載されますので読み続けやすく、また次の日の新聞を待つ楽しみになったら幸いです。また読み切り形式なのでバラバラに読んだり少し戻ってもお楽しみいただけると思います。
また感想をいただければ喜びますので、ときどき誤植もありますし、またわかりにくいところもありますので、ご叱責ご鞭撻いただければ幸いです。
そして日本にいるの日本人の方々だけではなく、南米の日系社会のそれぞれのご家庭で、おばあちゃんやおじいちゃんがこうやってこの地に来たから今があるんだよ、というルーツを知る、調べるきっかけになれば幸いです。
日本時間で午前8時頃にその日の新聞が更新されます。

・ブラジル日報: https://www.brasilnippou.com  
・日系コロニアニュース: https://www.brasilnippou.com/colonia
ここから日付けで探すことも可能です。
また購読された場合は添付写真のようにルビ付きの枠組みが入ったものになります。 

ときどき誌面の都合で掲載されない日もあります。
ぜひビューやLIKE、シェアがあれば新聞の継続にもつながりますのでよろしくお願いします。 
なお、作家の水村美苗さんに応援記事をいただきました。ニッケイ新聞は2021年12月廃刊した最後のブラジルの邦字新聞で、ブラジル日報はその流れを汲みながら新しいコンセプトで今年創刊しました。
・特別寄稿=相川知子さんと「ニッケイ新聞」と私=小説家 水村美苗: https://www.brasilnippou.com/2022/220129-31colonia.html
・連載小説=おてもやんからブエノスアイレスのマリア様=相川知子=第1回: https://www.brasilnippou.com/2022/%e9%80%a3%e8%bc%89%e5%b0%8f%e8%aa%ac%ef%bc%9d%e3%81%8a%e3%81%a6%e3%82%82%e3%82%84%e3%82%93%e3%81%8b%e3%82%89%e3%83%96%e3%82%a8%e3%83%8e%e3%82%b9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%81%ae%e3%83%9e.html
・連載小説=おてもやんからブエノスアイレスのマリア様=相川知子=第2回: https://www.brasilnippou.com/2022/220201-24colonia.html  

correo.jpeg

写真は元中央郵便局(1928年、カ子さんがブエノスアイレスに到着する少し前に完成しました2006年まで郵便局として機能していました)の建物
buzones.jpeg
そして外国郵便、航空便、船便の投函口、カ子さんへの手紙はここから送られたのでしょう。


・連載小説=おてもやんからブエノスアイレスのマリア様=相川知子=第3回:  https://www.brasilnippou.com/2022/220202-25colonia.html

・連載小説=おてもやんからブエノスアイレスのマリア様=相川知子=第4回: https://www.brasilnippou.com/2022/220204-22colonia.html


皆様方のご感想はこちらのコメントでも tomokoargentina3@gmail.com でもお送りください。
そして、多くの日系家庭でそれぞれの物語が語られることになりますように。
2022年2月3日、1898年日亜修好通商航海条約から124年目の日に。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

相川 知子

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員の相川 知子が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アルゼンチンアルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員
名前:相川 知子

相川 知子

1991年よりブエノスアイレス在住。スペイン語とラテンアメリカが大好き。アルゼンチンのことを日本に周知がライフワーク。 地球の反対側のふしぎな価値観と視点をお届けします。日本語/スペイン語教師、通訳者/翻訳者。さらに撮影コーディネーターですので、秘境、極上の旅からビジネス向けもお任せあれ。1986年来地球の歩き方読者なのでバックパッカー節約旅行も対応!個人ブログはこちらへどうぞ。

ブエノス・アイレス特派員トップにもどる

ブエノスアイレスを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ブエノス・アイレス特派員トップにもどる

トップ > 中南米 > アルゼンチン > ブエノス・アイレス特派員 > おてもやんからブエノスアイレスのマリア様 ブラジル日報連載中

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について