トップ > 中南米 > アルゼンチン > ブエノス・アイレス特派員 > 世界ふしぎ発見!「アルゼンチン、パタゴニア編」(4月10日)で紹介したバリローチェ、チョコレート店はDelTurista、トゥリスタ

アルゼンチンアルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ

世界ふしぎ発見!「アルゼンチン、パタゴニア編」(4月10日)で紹介したバリローチェ、チョコレート店はDelTurista、トゥリスタ

カテゴリー:お知らせ / イベント・行事・お祭り / レストラン・料理・食材 / 旅行・ツアー・ホテル / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年4月18日

Del Turista 「デル・トゥリスタ」チョコレート屋は1964年サン・カルロス・デ・バリロチェにて操業を開始しました。現在はアルゼンチンの手作りチョコレートメーカーの第一人者のひとりです。 実はその20年前、イタリアはベネト地方のティロルにおいて、 Secco家がアルプススイスイタリアチョコレートの伝統的な製造法を学び、その家族がアルゼンチンに移住し、そこからデル・トゥリスタはチョコレート業を発展させたのです。1969年、バリローチェ市ミトレ通りは市内きっての目抜き通りに1号店を開店し、現在も続いています。ブエノスアイレス市でも直営店を持ち、またフランチャイズ店としてアルゼンチン国内に14店舗、チリにも2店舗あります。
チョコレートは200種類あり、アルゼンチンのチョコレート消費量は年間3kgですが、その半分はデル・トゥリスタの製品です。

なお、アルゼンチンの人たちは普通トゥリスタと呼びます(観光客というスペイン語です)。

174632012_3999414746819923_815940859705341638_n.jpg 175058432_3999414996819898_7014949839026772082_n.jpg


RAMASラマスと呼ばれる枝チョコ。80%カカオ成分の板チョコ、レッドフルーツなど、パタゴニアの名産は近年、手軽に楽しめます。

174042249_3999413556820042_2130032794972012894_n.jpg 174780510_3999414083486656_4773712159599633296_n.jpg 175058433_3999414190153312_8749735601919456404_n.jpg


175429164_3999414586819939_7913191881333291047_n.jpg 175320094_3999414443486620_6501750021203183739_n.jpg

174572776_3999411593486905_8819857991332331081_n.jpg 174536955_3999411673486897_4822033478444208077_n.jpg

174639905_3999411936820204_3331756431751474558_n.jpg

というのも今回コロナウイルスでちょうど2021年3月にロックダウンが始まり、キリスト教の復活祭のお祭りパスクアの休みにパタゴニアへ遊びに行く人もなく、この時期卵型のチョコレートを食べる習慣がありますが、購買者はブエノスアイレスに残ったままであり、チョコレート業界が大打撃を受けました。そのため地元の人々へのプロモーションだけではなくオンラインショップを立ち上げ、なんとか消費者の家庭へと供給していきました。

しかしながら長いロックダウンが明け、夏のバケーションの時期になり、トゥリスタにも人々が戻ってきました。
そして、アルゼンチンの人々にとって最大の観光目的地はバリローチェ。ということで、先週のTBS世界ふしぎ発見!のアルゼンチン、パタゴニア編にて、行先の町のヒントのひとつに取り上げられたのがチョコレート屋さんでした。

ramas3.jpg
RAMAs2.jpg Ramas.jpg

174471974_3999410676820330_3428271617108858176_n.jpg


175328760_3999411150153616_6359820286594095008_n.jpg

人気店で私たちが訪問したときもお客さんでいっぱいでした。

そしてチョコレート職人のマルセロさん、とてもおいしいチョコレートづくりを見せてくれ、でき立てを娘の亜海にわたして、亜海はパク!「うまいッ!」。
スタジオの皆さんに笑われましたが、楽しい放送でした。

私たちはTBS世界ふしぎ発見!のアルゼンチン、チリ、ウルグアイの現地通訳撮影コーディネーションを担当して足かけ20年近いですが、それはうちの娘たちの成長と一緒でもあります。

1000回記念のときはアルゼンチン南極観測船で取材をしたため、小さいふたりをおいて1ヵ月南極への出張に行ったこともありましたが、いつもは、ブエノスアイレスにおいてけぼりだった娘たちのひとり、次女の亜海(あみ)を中心にアルゼンチン、パタゴニア編に携わることができて、たいへんうれしく思っています。
ディレクターの皆さん、ミステリーハンターの皆さんも家族ともどもお世話になり、小さいときから娘たちをご存じなので今回の相川亜海ミステリーハンター初出演にいたりました。
皆様、番組を見ていただき、また楽しかったとメッセージを寄せていただき、本当にありがとうございます。

4月10日南米大陸パタゴニア絶景氷河と野生の王国|『日立 世界ふしぎ発見!』TBSテレビ


南米大陸パタゴニア絶景氷河と野生の王国|『日立 世界ふしぎ発見!』TBSテレビ

・URL: http://www.tbs.co.jp/f-hakken/onair/210410.html


そして、黒柳さんも赤楚衛二さんもチョコレートおいしそう!と絶賛してくださったそうですね。
おふたりもそして視聴者の皆さんもぜひ、アルゼンチンにきて、バリローチェでチョコレートを食べましょう。

世界ふしぎ発見、ミステリーハンターのオフショット
ミステリーハンター初挑戦・相川亜海がチョコお買い上げ~!!
『世界ふしぎ発見!』4月10日(土)オフショット【TBS】

https://www.youtube.com/watch?v=oQPccWjiiYM


折しも本日4月17日は亜海の19歳の誕生日になります。 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

相川 知子

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員の相川 知子が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アルゼンチンアルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員
名前:相川 知子

相川 知子

1991年よりブエノスアイレス在住。スペイン語とラテンアメリカが大好き。アルゼンチンのことを日本に周知がライフワーク。 地球の反対側のふしぎな価値観と視点をお届けします。日本語/スペイン語教師、通訳者/翻訳者。さらに撮影コーディネーターですので、秘境、極上の旅からビジネス向けもお任せあれ。1986年来地球の歩き方読者なのでバックパッカー節約旅行も対応!個人ブログはこちらへどうぞ。

ブエノス・アイレス特派員トップにもどる

ブエノスアイレスを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ブエノス・アイレス特派員トップにもどる

トップ > 中南米 > アルゼンチン > ブエノス・アイレス特派員 > 世界ふしぎ発見!「アルゼンチン、パタゴニア編」(4月10日)で紹介したバリローチェ、チョコレート店はDelTurista、トゥリスタ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について