トップ > 中南米 > アルゼンチン > ブエノス・アイレス特派員 > 〈コロナ禍〉ブエノスアイレスで毎日家庭料理生活 強制隔離生活5ヵ月目のうちの場合

アルゼンチンアルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ

〈コロナ禍〉ブエノスアイレスで毎日家庭料理生活 強制隔離生活5ヵ月目のうちの場合

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2020年8月23日

自宅での生活も5ヵ月が経ち、アルゼチンの家庭はどこでも、えー今晩のご飯は何にしよう、毎日何を食べよう、がいつもに比べて非常に重要な問題です。

一昨日は、アルゼンチンでよく食べる pollo a la cacelora ポジョアラカセロラでした。
cacelora.jpg

カセロラはお鍋のことです。ぐつぐつ煮て、この汁は白ご飯とマッチします。アルゼンチン的にはマッシュポテトが普通らしい。

polloalacazelora.jpg

次に手間がかかる手練りパスタのニョッキ。じゃがいもと小麦粉で作ります。安くて栄養たっぷりなので月末の定番。
29日に食べておさらの下にお札をおいておくとお金が増えるらしいです。

nyoquipasta0.jpg nyoquipasta1.jpg nyoquipasta.jpg carnepicada.jpg

ひき肉は carne picadaカルネピカダと言います。

nyoqui.jpg

またおいしいチキンをたくさん買ったのですが、muslo ムスロというもも肉を骨を抜いてもらった deshuesado デスウエサードを唐揚げにするとおいしいです。日本酒がなかったので、白ワインを利用。
 vinos.jpg

手前の白ワイン chardonnay チャルドネは辛口。奥の torrontes トロンテスは甘口です。
そしてアルゼンチンでは唐揚げの粉は売っていない、もしくはあっても高いので小麦粉とMACICENAマイセナというコーンスターチを片栗粉のように使います。左のharina de trigo アリーナは小麦粉です。ゼロが多いほど菓子作りに向いていて、うちはこれを半々に使います。
今回はチャルドネの白ワインにつけて、塩、しょうゆ、にんにく、しょうがで適宜味つけしておいておきました。

maicena.jpg

ami.jpg
揚げたてを網にあげるとさらにカラッと

karaagelimon.jpg karaagegohan.jpg vinoykaraage.jpg
そして、ワインの残りも飲みます。
日本酒を買うより安くておいしく手軽にできます!

別途フルーツもたくさん買いました。一度に10kmぐらいパパが買ってきてくれます。

frutas.jpg


そしてときにはベランダから四角い空をみながら 娘が焼いたBUDINパウンドケーキをみてお茶をして日光浴を少しします。

sora.jpg budin.jpg


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

相川 知子

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員の相川 知子が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アルゼンチンアルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員
名前:相川 知子

相川 知子

1991年よりブエノスアイレス在住。スペイン語とラテンアメリカが大好き。アルゼンチンのことを日本に周知がライフワーク。 地球の反対側のふしぎな価値観と視点をお届けします。日本語/スペイン語教師、通訳者/翻訳者。さらに撮影コーディネーターですので、秘境、極上の旅からビジネス向けもお任せあれ。1986年来地球の歩き方読者なのでバックパッカー節約旅行も対応!個人ブログはこちらへどうぞ。

ブエノス・アイレス特派員トップにもどる

ブエノスアイレスを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ブエノス・アイレス特派員トップにもどる

トップ > 中南米 > アルゼンチン > ブエノス・アイレス特派員 > 〈コロナ禍〉ブエノスアイレスで毎日家庭料理生活 強制隔離生活5ヵ月目のうちの場合

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について