トップ > 中南米 > アルゼンチン > ブエノス・アイレス特派員 > アルゼンチン農業、牧畜、農産業の祭典 #EXPORURAL2019 (8月4日まで)

アルゼンチンアルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ

アルゼンチン農業、牧畜、農産業の祭典 #EXPORURAL2019 (8月4日まで)

カテゴリー:イベント・行事・お祭り 投稿日:2019年7月31日

67635960_824464134613907_8740714465512652800_n.jpg

アルゼンチンの農産業はさらなる躍進を遂げています。
これは現在ブエノスアイレスで開催中、8月4日、第133回農牧展(Exposicion Rural 2019)で顕著にみられます。アルゼンチン全土の農業、牧畜業、農産業従事者、関係者が集まる最大の大イベントで、毎年約100万人の動員があります。
特に今年は寒いながら晴天に恵まれ、平日ならすいているだろうと思っても連日満員御礼。入場券販売窓口では300mほどの列ができました。アルゼンチン全土の牛、馬、羊を始め鶏などの家畜4000頭、匹、羽の各種の優劣が競われ、また23州全土の特産品、物産展のブースでの直売や展示が行われます。また農業機械の展示も行われています。

67729865_826381441088843_1045353902649638912_n.jpg

67565680_824463887947265_4283825875956269056_n.jpg 67404765_824463927947261_6837651453503340544_n.jpg

67694902_824463971280590_6244564333041287168_n.jpg


また企業のブースではその製品やサービスの展示だけではなくインタラクティブな仕掛けとなってゲームを行ってプレゼントが配られたり、大人も子供も楽しい仕掛けになっています。


67734288_824464107947243_6761147541816868864_n.jpg


67403282_824464177947236_4185757616376381440_n.jpg

67916802_824464434613877_6045926480762896384_n.jpg

アルゼンチンの子どもたちの夢はトラクターに乗ることです。それぞれの商談、研修、会合が開かれています。

67641055_826381564422164_399655563115364352_n.jpg

 アルゼンチンの経済の要は農産業と言っても過言ではなく、この農産業が発展していればアルゼンチンも発展すると言われています。現在内外から経済危機と言われながらも収穫は記録的であり、また輸出のための輸送ロジや港ロジの改善に邁進している政府の様子があります。
 特に牛肉の輸出が大きく経済を揺り動かすことから、多くの日本などの新市場やまたアメリカなどの輸入枠などが影響し、生産業者も熱心になり、同時にそれが豚肉にもそして鶏肉、そして羊肉にも及んでいます。

 また一方で省庁の協力体制があります。アルゼンチン全土で道路、港、鉄道の整備が進めれています。
国輸省大臣ディエートリッチ氏からのロジスティック手続き簡素化についての発表もありました。これから多くの手続きがデジタル化され迅速に簡単に処理ができるようになります。

67612150_824976877895966_6328209667239444480_n.jpg


67398568_824997264560594_7559237458521489408_n.jpg

 実はアルゼンチンの農産業省、日本で農林水産業省は財政対策から生産省の中に入り、農産業局であったのが、また新たに農産業省に戻ることが今週大統領からの筋で、おそらく8月3日の公式開会式(毎年なぜか、終了前日にやりますが)でマクリ大統領の臨席とともに正式発表されるでしょう。

 2015年牛肉は 200.000 トンの輸出が今年2019年には680.000 に上り、鶏肉は2015年182.000 トンが 245.000トンと上昇しました。 (35%), 豚肉は8.000 から 21.000トンです。 (162%).正直、前政権のよかったのは豚肉を始めたことで今までアルゼンチンでは高いので牛の方がよかったのですが、一部 代替製品ともない、また中国への輸出が大きいでしょう。

牛肉も過去10年は平均 186.000で、11位と甘んじていたのに、2018年は556.000で6位に飛躍しました。おそらく今年2019年は5位となるでしょう。

EXPOSICION RURAL 2019
https://www.facebook.com/exposicionrural/

会期 7月18日から29日まで 午前9時から午後8時まで
入場料 180ペソ(平日)、250ペソ(週末)
会場はイタリア広場Plaza Italiaにある、La Ruralラ ルラル 農牧展示場
地下鉄D線 Plaza Italiaプラサ イタリア駅下車すぐ パレルモ地区
市内中心部から地下鉄で(乗れば)15分です。

ラ ルラル会場では一年中 数々の展示会やショーが開催されますので、ブエノスアイレスに訪れたら、是非チェックください。
ご注意は通常は午後2時ぐらいから開場ですが、農牧展だけは午前9時から夜8時までまで開いています。
今回は大きな展示なので、イタリア広場のサンタフェ大通り側とサルミエント大通り側Av. Sarmiento 2704の入り口が開いています。


67351738_824393401287647_6982331154900713472_n.jpg

67573676_826388064421514_925598643795263488_n.jpg

67732831_826387944421526_1647753843649282048_n.jpg 67605997_826387924421528_6691699526958317568_n.jpg

なお、毎年展示会場内の飲食店高かったのですが、安めの設定になっています。250ペソで飲み物込で食べられます。私のお薦めはHEREFORDバーガーとBIFE DE CHORIZOです。

67401600_825099087883745_7469494146936340480_n.jpg

なお、こんなガウチョファッションも素敵です。お願いしますとポーズ、喜んでとってくれますよ。

67754290_826381324422188_7844013903578136576_n.jpg

67545966_824464311280556_8266274772925546496_n.jpg

67422542_824464577947196_8648710858668507136_n.jpg 67285924_824464741280513_3713256663436754944_n.jpg


別途記事にしますが、農業のインノベーション賞を与える会も盛会でした。なお、もうすぐ選挙なんですが、
農牧展ではどんな結果になろうともこれからの将来を見据えてインノベーションを忘れず農業牧畜農産業がアルゼンチンに発展をもたらすことを忘れずやるのは、働く、働くというアクション行動だけだそうです。

67298133_823992967994357_1430818026235625472_o (1).jpg

ダニエル会長とご一緒した日はまあまあエレガントでしたが、
TOMOKOは一般的にはガウチャハポネッサと呼ばれております(笑)

67565445_826384001088587_4116572676854644736_n.jpg ^
67808422_826383864421934_3330786578732679168_n.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

相川 知子

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員の相川 知子が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アルゼンチンアルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員
名前:相川 知子

相川 知子

1991年よりブエノスアイレス在住。スペイン語とラテンアメリカが大好き。アルゼンチンのことを日本に周知がライフワーク。 地球の反対側のふしぎな価値観と視点をお届けします。日本語/スペイン語教師、通訳者/翻訳者。さらに撮影コーディネーターですので、秘境、極上の旅からビジネス向けもお任せあれ。1986年来地球の歩き方読者なのでバックパッカー節約旅行も対応!個人ブログはこちらへどうぞ。

ブエノス・アイレス特派員トップにもどる

ブエノスアイレスを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ブエノス・アイレス特派員トップにもどる

トップ > 中南米 > アルゼンチン > ブエノス・アイレス特派員 > アルゼンチン農業、牧畜、農産業の祭典 #EXPORURAL2019 (8月4日まで)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について