トップ > 中南米 > アルゼンチン > ブエノス・アイレス特派員 > クリスマスからお正月の定番お菓子

アルゼンチンアルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ

クリスマスからお正月の定番お菓子

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / ショッピング・雑貨・お土産 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2016年1月 2日

1914822_970177209743707_1942024165077240386_n.jpg


アルゼンチンでのクリスマスイブと大晦日に食べるデザートお菓子の定番を紹介します。

Pan dulce (パン ドゥルセ)右奥にある大きめのもの。ドライフルーツなどが入ったパネトーネに
似たパンです。ヨーロッパ移民の影響でドライフルーツやときにはナッツなどが入っています。
パン屋さんでもオリジナルパンドゥルセが購入できますが、スーパーのものは日持ちしてお徳です。最近はこれに何も入っていないのが子ども達には人気です。

Budin (ブディン) 型入りの横長パウンドケーキです。これがチョコレート味だったり、レモンソースがかかっていますが、スタンダードはバニラエッセンスのみのシンプルなもの。。。

Turron (トゥロン) ヌガーです。これにピーナッツが入っていたり、アーモンドで練ってあったりします。 硬いのは歯が抜けるほどなので、うちはBLANDO(やわらかいの)がお気に入り。

Confites (コンフィテス) 小さい砂糖菓子でカラフルに色がついています。これはポルトガルから日本に伝わって、金平糖となった原型です。最近はアルゼンチンのM&M的ロックレッの小さいもので代用。。。。

Garrapiñadas (ガラピニャダス) ピーナッツを砂糖を絡めて焼いたもの。。。ときどき道端でも売っていますが、ある日、その袋を息をかけて膨らませるのを見てから 袋入になっているものを買うようにしています。。。 

Mantecol  (マンテコル) アルゼンチンのオリジナルお菓子です。原型はアラビアのアーモンドのお菓子ですが、当地に来てこの形になりました。 上のお菓子はヨーロッパでも結構ありますが、これだけはアルゼンチンだけなので、アルゼンチン人には懐かしいお菓子の定番です。
なお、実はMANTECOLという商標は多国籍企業に売って、現在オリジナルマンテコルを作っていた会社はNUCREMという名前で売っています。どちらにしても美味しくて止められない味です。


1619140_970179023076859_4276210610903871891_n.jpg

こちらに少し開封してみて皆さんにおすそわけ。クリスマスにお正月明けはだんだん二つで一つの値段など売り出しがスーパーであります。アルゼンチンお土産にもお薦めです。

記事がよかったら、クリックしていだだければ嬉しいです

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村


海外旅行 ブログランキングへ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

相川 知子

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員の相川 知子が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アルゼンチンアルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員
名前:相川 知子

相川 知子

1991年よりブエノスアイレス在住。スペイン語とラテンアメリカが大好き。アルゼンチンのことを日本に周知がライフワーク。 地球の反対側のふしぎな価値観と視点をお届けします。日本語/スペイン語教師、通訳者/翻訳者。さらに撮影コーディネーターですので、秘境、極上の旅からビジネス向けもお任せあれ。1986年来地球の歩き方読者なのでバックパッカー節約旅行も対応!個人ブログはこちらへどうぞ。

ブエノス・アイレス特派員トップにもどる

ブエノスアイレスを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ブエノス・アイレス特派員トップにもどる

トップ > 中南米 > アルゼンチン > ブエノス・アイレス特派員 > クリスマスからお正月の定番お菓子

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について