トップ > 中南米 > アルゼンチン > ブエノス・アイレス特派員 > ブエノスアイレスのシンボル・オベリスコ

アルゼンチンアルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ

ブエノスアイレスのシンボル・オベリスコ

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2010年4月26日



オベリスクは、古代エジプトの太陽信仰が起源とされています。
古代ローマ時代になると、戦利品として略奪の対象とされ、
欧米の公園や広場の装飾品として置かれました。
バチカンのサン・ピエトロ広場のオベリスクはよく知られていますね。


ブエノスアイレスにも、この街のシンボルとしてオベリスクがあります。
ポルテーニョたちは「オベリスコ」と呼んでいますが、これは
ブエノスアイレスが最初に開かれてから400年目を記念して建てられました。
1936年5月のことです。


オベリスコ.jpg

▲大きさを実感していただきたいので、画像もでっかくしてみました。どうでしょう?


ドイツ系移民の子孫である建築家、
アルベルト・プレビッシュ によって設計されたオベリスク。
世界で最も広い通りと言われる7月9日通りにあるのですが、
この堂々とした姿を初めて見たときは驚きました。
その高さ、220フィート(67m)もあるのです。
以前は、塔の内部にある階段を上って
塔の上から7月9日通りを見下ろすことが出来たそうなのですが、
現在は内部に入ることは出来ません。


ところでこのオベリスコ、2005年の世界エイズデーの際に
「エイズと闘う」という意志を示すため、
ピンク色のコンドームをまとった姿に大変身したのだとか。
さすがアルゼンチン。やることが大胆です。


%90%A2%8AE%83G%83C%83Y%83f%81%5B%82%CCオベリスコ.jpg

▲友だちのAlejandroから、そのときの写真を入手!アルゼンチンでも若い世代を中心に
 エイズの感染が拡大していると言いますから、こうして啓発していくことは大切です。



ブエノスアイレスのシンボルとも言うべきオベリスコを
ぜひ写真に収めようと、
連日のようにたくさんの観光客が訪れています。
・・・が。それを狙ったひったくり事件も多発しています。
この周辺を観光する際には、十分に気をつけて下さい。


******************************************************

オベリスコへの行き方
 地下鉄/ B線C.Pellegrini駅, D線9 de Julio駅(徒歩数分)


******************************************************


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

bonita

アルゼンチン・旧ブエノス・アイレス特派員のbonitaが現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アルゼンチンアルゼンチン/旧ブエノス・アイレス特派員
名前:bonita

bonita

2008年夫とともにアルゼンチンへ。南米のパリ・ブエノスアイレスにて10年ぶりの学生生活を楽しみながら、広大なアルゼンチンをいかに効率よく旅するかを模索中。ポルテーニョ(ブエノスアイレスっ子)に人気のレストランやカフェ、アルゼンチンブランド、おもしろスポットやエンターテイメント情報などを中心にレポート!

ブエノス・アイレス特派員トップにもどる

ブエノスアイレスを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ブエノス・アイレス特派員トップにもどる

トップ > 中南米 > アルゼンチン > ブエノス・アイレス特派員 > ブエノスアイレスのシンボル・オベリスコ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について