トップ > ヨーロッパ > ルーマニア > ブカレスト特派員 > 共産主義を行き残ったブカレストの観光地:クレツレスク教会

ルーマニアルーマニア/ブカレスト特派員ブログ

共産主義を行き残ったブカレストの観光地:クレツレスク教会

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年4月 1日

ルーマニアの首都・ブカレストは共産主義時代を迎える前後で、街中の建物が大きく変わったと言われています。現在は共産主義時代当時に建造された、国民の館などが観光地となっていますが、なかには共産主義時代に取り壊される予定であったにもかかわらず、それが実行されずに現代まで残っている建造物も多くあります。今回は、そのなかの一つであるクレツレスク教会(Biserica Kretzulescu)についてご紹介します。

DSC07319.JPG

※ルーマニア政府公認・日本語ガイドが一押しするブカレストのおすすめ観光スポット はこちらからご覧ください。

クレツレスク教会とは|建立者は誰?名前の由来は?


ブカレストの重要な建築物であるクレツレスク教会は1720~1722年の間に建立された正教会です。その当時のルーマニアは3つに分かれていて、ブカレストが位置している国はワラキアと呼ばれており、その頃のワラキアはブランコヴェアヌ公によって統治されていました。クレツレスク教会の建立者はヨルダケ・クレツレスク宰相と彼の奥さんであったサフタ、ブルガリア公の一人の娘です。

クレツレスク教会はヨルダケ・クレツレスク宰相の名前を冠しています。当時、クレツレスク教会が位置している場所の近くにはブカレストの北に県境があったため、ヨルダケ・クレツレスク宰相はその教会の付近に宿なども建設しました。

DSC07324.jpg

クレツレスク教会の特徴を解説

クレツレスク教会は典型的な正教会の建築です拝廊、身廊と祭壇でできており、上から見るとラテン十字架の形をしています。身廊の上にある塔と拝廊の上にある鐘楼には長細い窓が設置されており、教会の入り口には石づくりの柱の縁側があります。

元々、教会の外壁はコーティングされていましたが、1935~1936年の間に改修された際、赤いレンガのままでされ、現在にいたります。縁側の壁画はオリジナルですが、教会の中の壁画は1859~1860年の間、ゲオルゲ・タタレスクというルーマニアの画家によって描かれました。

DSC07322.JPG

壊される予定だったクレツレスク教会
共産主義の頃、チャウシェスクはクレツレスク教会を壊そうとしていましたが、幸いにもそのプランは叶わないませんでした。その理由は一説によると、ルーマニア革命によってチャウシェスク政権が打倒されたためといわれています。

現在、難を逃れたクレツレスク教会は旧共産党本部、復活記念碑、国立美術館、国立図書館とともに、ブカレストの革命広場に位置している重要観光地の一つとなっています。

【クレツレスク教会】
★住所:Calea Victoriei 45, București 010062
★HP:なし
Text & Photo by T.O

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

T&O

ルーマニア・ブカレスト特派員のT&Oが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ルーマニアルーマニア/ブカレスト特派員
名前:T&O

T&O

ブカレスト在住。日本人のTとルーマニア人のOが様々な視点から現地情報をお届けします! 現地にてルーマニアと日本のヒト・モノ・コトを繋ぐ会社「Japan Transit Platform SRL」を設立。 日本語レッスン教室を軸として翻訳、通訳、ガイド、日本企業とのコラボレーション等も受付けています。
ご連絡はこちらへお願いします。
個人ブログはこちらから。
facebook DISQUS ID @disqus_ztlxP8B2Hp

ブカレスト特派員トップにもどる

ブカレストを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ブカレスト特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ルーマニア > ブカレスト特派員 > 共産主義を行き残ったブカレストの観光地:クレツレスク教会

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について