トップ > ヨーロッパ > ルーマニア > ブカレスト特派員 > ブラド串刺し公の伝説

ルーマニアルーマニア/ブカレスト特派員ブログ

ブラド串刺し公の伝説

カテゴリー:文化・芸術・美術 投稿日:2019年2月27日

bran.JPG

ブラム・ストーカーの小説『ドラキュラ伯爵』のモデルとして有名な「ブラド3世」は中世時代の頃、ルーマニアの南にあるワラキア地方に君臨していた大公です。


『ドラキュラ伯爵』の主人公と違い、ブラド3世は吸血鬼ではなかったのですが、歴史を見てみると吸血鬼より残酷な大公という一面が垣間見えます。


ブラド3世が生存していた中世時代のヨーロッパでは串がもっとも怖い拷問の器具として知られていました。犯罪者や敵は罰として串に刺すことが一般的で、ブラド3世はほかの大公よりも串に刺して拷問を実施した回数が多かったことから"串刺し公"と呼ばれるようになったそうです。


ここからは、ブラド串刺し公の伝説としてルーマニアで語り継がれているエピソードの一部をご紹介します。


【伝説①】


ブラド串刺公はポエナリ城を拡大するため、イースターの日にある村に行き、働けない年寄りを串に刺して殺し、若者はポエナリ城を建てる労働力として、死ぬまで働かせました。そのため、ポエナリ城は半年という短期間で完成したそうです。

【伝説②】


ブラド串刺し公の前で帽子を脱ぎたくなかったトルコの使者達の話。

トルコの伝統によると目上の人に話すとき帽子を脱がなくもいいという習慣があるそうです。しかし、トルコの習慣はブラド串刺公にとっては礼儀正しいものではなかったため、使者達に帽子を脱ぐよう命令しました。ところが、トルコの使者達はこの命令を拒否。断られたことで怒ったブラド串刺し公は罰として使者の頭に釘を打ちつけ、一生、頭から帽子が脱げないようにしてしまったそうです・・・。

【伝説③】


ブラド串刺し公は遺体のニオイが苦手な貴族を殺したというエピソードも残っています。

ある日、ブラド串刺し公は串に刺した遺体の前で食事をしていました。一緒に食事していた貴族のなかには、遺体のニオイが苦手だったため、鼻を手で覆う人もいました。しかし、その仕草が気に入らなかったブラド串刺し公は、遺体のニオイは地面より高いところのほうが気にならないと述べ、ニオイが感じなくなるほど高い串に上らせて殺してしまいました。

ルーマニアで実在した人物のなかでも世界的に有名な「ブラド串刺し公」。ルーマニアでは侵略から国を守った英雄の一人として知られていますが、怖ろしい伝説も存在します。

有名な人に対して、さまざまなエピソードが語り継がれることは昔も今もあまり変わらないですね。

Text & Photo by T.O

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

T&O

ルーマニア・ブカレスト特派員のT&Oが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ルーマニアルーマニア/ブカレスト特派員
名前:T&O

T&O

ブカレスト在住。日本人のTとルーマニア人のOが様々な視点から現地情報をお届けします! 現地にてルーマニアと日本のヒト・モノ・コトを繋ぐ会社「Japan Transit Platform SRL」を設立。 日本語レッスン教室を軸として翻訳、通訳、ガイド、日本企業とのコラボレーション等も受付けています。
ご連絡はこちらへお願いします。
個人ブログはこちらから。
facebook DISQUS ID @disqus_ztlxP8B2Hp

ブカレスト特派員トップにもどる

ブカレストを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ブカレスト特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ルーマニア > ブカレスト特派員 > ブラド串刺し公の伝説

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について