トップ > ヨーロッパ > ベルギー > ブリュッセル特派員 > 新進気鋭のショコラティエ The Chocolate Line

ベルギーベルギー/ブリュッセル特派員ブログ

新進気鋭のショコラティエ The Chocolate Line

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 / レストラン・料理・食材 投稿日:2015年11月21日

ベルギーといえば、チョコレート。とはいえ、有名なブランドはほとんど日本にも進出していて、ベルギーならではのチョコレートをお土産にされたい時には、ちょっと悩んでしまいますよね。


最近ベルギー人の友だちが勧めてくれたのが、The Chocolate Lineです。アントワープとブルージュにお店を構えるこのブランドは、生みの親であるDominique Persoone氏の奇抜な風貌と斬新な商品の数々が注目を集めています。


9h.JPG


アントワープの店舗は、壁画が美しい内装に見とれてしまいます。1粒から買えるチョコレートを見てみると、噂通りユニークなものが並びます。日本の食材にも造詣が深いというDominique氏が作り出した「和」を感じるチョコレートを買ってみました。


9i.JPG


左上から時計回りに:


  • 葉っぱの形のMadam Butterflyは、青シソを練り込んだホワイトチョコレートのガナッシュ入り。これまでいろんなチョコレートを食べてきましたが、青シソ入りは初めて食べました。

  • 「わさび」と書かれたGreen Tokyoは、ワサビを練り込んだガナッシュとマジパン入り。マイルドな味です。

  • Sakeは、その名の通り、日本酒のガナッシュ入り。見た目がとっても可愛い1粒です。

  • Asian Confettiは、米酢としょうゆのキャラメルと、練りゴマと山椒を練り込んだプラリネ入り。パチパチ弾けるキャンディーも入っているので、いろんな感覚が研ぎ澄まされる楽しいチョコレートです。

そして、家に持って帰る途中で割れてしまったので、写真に撮れなかった「和」なチョコレートがあります。Yuzuは、柚子とラズベリーのキャラメル入りホワイトチョコレート。個人的にはこれが一番素材の味が引き立っていたので、1粒だけ日本の味を試してみたいという方には、Yuzuがオススメです。


「和」食材以外にも、ベーコンとキヌアを混ぜ込んだアーモンドプラリネ入りの「ベーコン」という名前のチョコレートがあったりと、びっくりするような組み合わせのチョコレートもあります。チョコレートのリップスティックや、薬に見立てたチョコレートなどもあり、ちょっと変わった珍しいお土産を買いたい時には、ぜひ立ち寄りたいお店です。


アントワープ店はアトリエが併設されていて、季節に合わせたチョコレートのディスプレイも間近で見られますよ。


9j.JPG


The Chocolate Line - Antwerp
住所: Anno 2010 - Paleis op de Meir 50, Antwerp
電話番号: +32 3 206 20 30
営業時間: 火〜土 9:30〜18:30、月・日 10:30〜18:30
HP: http://www.thechocolateline.be/en/home-2


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

SAORI

ベルギー・旧ブリュッセル特派員のSAORIが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ベルギーベルギー/旧ブリュッセル特派員
名前:SAORI

SAORI

ブリュッセル特派員トップにもどる

その他のベルギーの特派員

ブリュッセルを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ブリュッセル特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ベルギー > ブリュッセル特派員 > 新進気鋭のショコラティエ The Chocolate Line

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について