トップ > ヨーロッパ > ベルギー > ブリュッセル特派員 > ブリュッセルに来ないと食べられない!? ショコラティエの隠れた名品「マノン」

ベルギーベルギー/ブリュッセル特派員ブログ

ブリュッセルに来ないと食べられない!? ショコラティエの隠れた名品「マノン」

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 / レストラン・料理・食材 投稿日:2015年7月17日

以前、ゴディバの方とお話する機会があり、おすすめのチョコレートについて質問したところ、「厳密にはチョコレートではないけれど、『マノン』は食べましたか?」という答え。


今回は、ゴディバの方も勧める、チョコレートではないけれど、チョコレート屋さんで売っていて、ちょっと特別なお菓子『マノン』をご紹介します。

マノン(Manon)とは、フレッシュ・クリームをフォンダン・シュガーで閉じ込めた砂糖菓子のこと。つまり、昔ながらのレシピで作られたマノンには、チョコレートが一切使われていません。中に閉じ込められているフレッシュ・クリームの鮮度が命のマノンは、品質管理がとても難しく、デリケートなお菓子。ベルギーのショコラティエでも、マノンを取り扱っているお店は少なく、気温が上がる夏になると販売を休止するお店もあるようです。


サブロン広場にあるゴディバ店内でマノンを見つけました。2種類のマノンがあります。


7h.JPG


1つずつ買ってみました。


7i.JPG


半分に切ってみましょう。


7j.JPG


白のマノンは、コーヒーのフレッシュ・クリームとウォールナッツが中に入っていて、真っ白なフォンダン・シュガーに包まれている一方で、茶色のマノンは、コーヒー風味のフォンダン・シュガーに包まれています。


お味は、はっきり言って、とっても甘いです。中のフレッシュ・クリームもそうですが、フォンダン・シュガーは平たく言うと砂糖のかたまりなので、とにかく甘いです。もしかすると、濃いめの抹茶と一緒にいただくと合うかもしれません。


さて、珍しいマノンではありますが、鮮度が命とだけあって、海外のお店では売っていないことがほとんどです。そして、長い飛行時間を伴う場合、「お土産にするのもお勧めできない」とゴディバの店員さんはおっしゃっていました。


甘いものに目がない方は、ぜひお店に出向いてみてください。ゴディバ以外にも、ノイハウス、ヴィタメール、レオニダスなどで、マノンを購入することができます。なお、マノンはフレッシュ・クリームをフォンダン・シュガーで包んだものが本来の作り方ですが、最近ではチョコレートで包んだものも出てきています。フォンダン・シュガーのものに比べると、甘さがだいぶ抑えらるので、食べやすいかもしれません。


7k.JPG

ノイハウスで買える6種類のマノン。チョコレートで包まれたものもあります。中のフレッシュ・クリームはバニラやコーヒー、チョコレート・ムース入りもあります。


ベルギーでないと食べられない味。一度は試してみる価値ありです!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

SAORI

ベルギー・旧ブリュッセル特派員のSAORIが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ベルギーベルギー/旧ブリュッセル特派員
名前:SAORI

SAORI

ブリュッセル特派員トップにもどる

その他のベルギーの特派員

ブリュッセルを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ブリュッセル特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ベルギー > ブリュッセル特派員 > ブリュッセルに来ないと食べられない!? ショコラティエの隠れた名品「マノン」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について