トップ > ヨーロッパ > ベルギー > ブリュッセル特派員 > ベルギー漫画センター Belgian Comic Strip Center

ベルギーベルギー/ブリュッセル特派員ブログ

ベルギー漫画センター Belgian Comic Strip Center

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2014年3月17日

1989年に開館し、今年で25周年を迎えるベルギー漫画センターは、博物館、図書館、レストランが併設された複合施設。1906年に建設されたヴィクトール・オルタ設計のアールヌーヴォー建築の建物が目印です。


1階は入場無料で、タンタンが月へ行ったときに乗ったロケットの模型や、スマーフ、ブールと愛犬ビルのフィギュアなどが展示されています。


6j.jpg


6k.jpg


中央の階段を上がると、博物館のチケット売り場があります。2階と3階の博物館は、タンタンやスマーフなど、ベルギーが生み出した人気キャラクターを中心に、世界のコミックの歴史や製作過程を学べる内容になっています。チケット売り場の隣には、宇宙服のタンタンが展示されています。


6l.jpg


実はこの宇宙服のタンタンは、『月世界冒険』という本の中で出てくるのですが、この本が発行されたのは1954年。そして、本が発行される2年ほど前から、ストーリーは雑誌で発表されていたそうです。人類が初めて月に到達したのは、1969年のこと。つまり、人類が月に行く15年以上も前、まだ宇宙に人工物を打ち上げてもいないときに、タンタンは宇宙服を着て、ロケットで月に行っていたのです。その内容は、本が発行されてから60年後の今読み返してみても、まったっく違和感がありません。作者のエルジェが世界に先駆けて描いた『月世界冒険』のストーリー。ベルギーの人たちは、ベルギー生まれの作者が、宇宙服やロケットが現実のものとなるずいぶん前に、ほぼそっくりに描きあげたことを、とても誇りに思っているのだそうです。


展示物の説明文はフランス語、オランダ語、英語の3ヶ国語ですが、チケットを購入するときに、日本語の説明が書かれたファイルを借りることができます(要返却)。


そして、博物館の中には、こんなところにも展示物が! いろんなところに隠れたキャラクターを探しながら、コミックの世界を思う存分楽しめるはずです。


6m.jpg


Belgian Comic Strip Center

開館日時: 火~日 10:00~18:00(休館日: 月、1/1、12/25)
入館料: 大人 8ユーロ、65歳以上 6ユーロ、12~18歳 6ユーロ、11歳以下 3ユーロ
住所: Rue des Sables 20, 1000 Bruxelles
TEL: +32 2 219 19 80
HP:http://www.comicscenter.net/en/home


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

SAORI

ベルギー・旧ブリュッセル特派員のSAORIが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ベルギーベルギー/旧ブリュッセル特派員
名前:SAORI

SAORI

ブリュッセル特派員トップにもどる

その他のベルギーの特派員

ブリュッセルを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ブリュッセル特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ベルギー > ブリュッセル特派員 > ベルギー漫画センター Belgian Comic Strip Center

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について