トップ > ヨーロッパ > ベルギー > ブリュッセル特派員 > 日本では食べられない味!? Le Pain Quotidien攻略法

ベルギーベルギー/ブリュッセル特派員ブログ

日本では食べられない味!? Le Pain Quotidien攻略法

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2014年2月21日

ル・パン・コティディアン(Le Pain Quotidien)は、オーガニック素材をふんだんに使ったカフェ。素材にこだわって作られたシンプルでおいしいメニューや、木目調のナチュラルで開放的な店舗が評判で、今や世界17カ国に175店舗を展開するベルギー生まれのお店です。日本でも都内に4店舗を展開していますが、お店で提供しているメニューは、ベルギーで食べられるものと違うようです。今回は、ベルギーに来たからこそ食べたいル・パン・コティディアンの味をご紹介しましょう。


ル・パン・コティディアンの看板メニュといえば、「タルティーヌ」という薄くスライスした田舎パンに具を載せたオープンサンド。定番メニューの中でも人気なのは、ヤギのチーズ、バジルオイル、ドライトマトが載ったタルティーヌ。


5v.jpg


旬の食材を使ったタルティーヌは店内の黒板に書かれています。昨年の夏には、ビーツを練りこんだフムス、ヤギのチーズ、キュウリ、ミントを載せたタルティーヌが期間限定で提供されていました。鮮やかなビーツのピンク色と、チーズの白、きゅうりとミントの緑の色合いがきれいで、とてもさわやかな味の一品です。


5w.jpg


タルティーヌ以外にも、いろんな料理が少しずつ載ったスペシャル・プレートも人気です。写真は、トスカーナ・プレートという名前で、ル・パン・コティディアン自慢のオーガニックのパン数種類と、リコッタ・チーズ、バジルソースとオリーブのペースト、オリーブオイル、ドライトマト、パルメザン・チーズ、イタリアン・ハム、メロンと盛りだくさん。友だちとシェアして食べるのにも便利なサイズです。


5x.jpg


そして、ル・パン・コティディアンといえば、おいしいデザートの種類が豊富なことでも有名です。中でも一番のおすすめは、ベリーのチーズケーキ。ラズベリー、ブラックベリー、グースベリー(すぐり)などがたっぷり載ったチーズケーキは、とっても濃厚なテクスチャーで、チーズケーキ好きならぜひ試したい絶品チーズケーキです。


5y.jpg

【写真上】 飲み物は、フレッシュ・ラズベリー入りのレモネード。ちょっと酸っぱくてすっきりした味です。


ル・パン・コティディアンは、毎日営業していて、朝早くから開いているので、朝ごはんやちょっと小腹がすいた時など、いつでも立ち寄りやすいお店です。ベルギー発の大人気カフェの本国だからこそ味わえる味、ぜひ試してみてくださいね。


Le Pain Quotidien


Dansaert店
住所: Rue A. Dansaert 16 A, 1000 Brussels
電話番号: +32 2 502 23 61
営業時間: 月~土 7:30~19:00(店内飲食は18:00まで)
        日 7:30~18:00(店内飲食は17:00まで)


Galerie de la Reine店
住所: Galerie de la Reine 11, 1000 Bruxelles
電話番号: +32 2 502 02 20
営業時間: 月~土 7:00~19:00(店内飲食は18:30まで)
        日 8:00~19:00(店内飲食は18:30まで)


この他、サブロンやルイーズ通りなどにも店舗があります。すべての店舗の情報は、HP よりご確認ください。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

SAORI

ベルギー・旧ブリュッセル特派員のSAORIが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ベルギーベルギー/旧ブリュッセル特派員
名前:SAORI

SAORI

ブリュッセル特派員トップにもどる

その他のベルギーの特派員

ブリュッセルを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ブリュッセル特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ベルギー > ブリュッセル特派員 > 日本では食べられない味!? Le Pain Quotidien攻略法

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について