トップ > ヨーロッパ > ベルギー > ブリュッセル特派員 > イザベル・ドゥ・ボルシュグラーヴの「紙の世界」

ベルギーベルギー/ブリュッセル特派員ブログ

イザベル・ドゥ・ボルシュグラーヴの「紙の世界」

カテゴリー:文化・芸術・美術 投稿日:2013年3月 5日

先日ご紹介した フラジェ広場(Flagey)から5分ほど歩いたところに突如現れた特別企画展。道路に面した大きなガラス窓に飾られた深紅のディスプレイに魅かれ、何の企画展かとのぞいてみると、「紙の世界」と書いてあります。

g.jpg


この「紙の世界」を作り上げたイザベル・ドゥ・ボルシュグラーヴ(Isabelle de Borchgrave)は、ベルギー出身のデザイナー。日本でも人気のフランスの老舗陶器メーカーの「ジアン(Gien)」が展開するブランドの中で、世界的ベストセラーとなっている「ミルフレール(Millefleurs)」をデザインしたのが、彼女です。


イザベルは自宅で近所の子どもたちに絵を教えながら、自由な時間で気の向くままに自分の作品に取り組んでいたようです。1970年代からそんな生活をしていた彼女に転機が訪れたのは1994年。NYのメトロポリタン美術館を訪れてから、紙を使って服を作ることを思いつき、4つの異なるテーマでコレクションを開催するまでにいたります。今や彼女の名前は、紙とファッションの代名詞とも言われますが、彼女の活動はそこにとどまらず、デザイナーや画家としても活躍しており、世界中のファンを魅了しています。


展示会場は外からでは想像できないほど広く、紙のドレスやコスチュームはもちろんのこと、紙でできているとは思えないような作品も次から次へと登場します。

h.jpg

【写真上】テントのような作りの部屋の中にあるものは、すべて紙でできています。上からつるされたシェードも紙でできているんですよ。


展示物の中には、おそらくイザベルが日本の着物からインスピレーションを得たのでは、と思わせる作品もあります。世界を旅した彼女が作り出す「紙の世界」は、世界が一つになったような感覚に襲われる場所でもあります。


会場の中にはカフェも併設されているので、ゆっくりじっくりと観賞できます。3月17日までの期間限定ですので、お早めに! ホームページにも彼女の作品がたくさん載っているので、ぜひ見てみてくださいね。


Fortuny by Isabelle de Borchgrave
開催日時: ~2013年3月17日 10:00~18:00 月曜日休館
開催場所: Atelier Isabelle de Borchgrave (73A Chaussée de Vleurgat, 1050 Ixelles)
入場料: 10ユーロ(6~14歳の子供、学生、65歳以上 7.5ユーロ、5歳以下の子供 無料)
HP: http://www.isabelledeborchgrave.com/en_home.php



<お役立ちメモ>
3月になりブリュッセルにも春らしいぽかぽか陽気の日が増えてきました。フラジェ公園の隣のイクセル池(Etang d'Ixelles)は、そんな春の陽気を楽しむにはもってこいの場所です。今なら先日ご紹介したフリッツ を片手に、もっと暖かくなってきたら、フラジェ公園の向かいにあるCapoueのアイスクリームを片手に、お散歩したり、のんびりしたりと、思い思いに時間を過ごせる場所です。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

SAORI

ベルギー・旧ブリュッセル特派員のSAORIが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ベルギーベルギー/旧ブリュッセル特派員
名前:SAORI

SAORI

ブリュッセル特派員トップにもどる

その他のベルギーの特派員

ブリュッセルを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ブリュッセル特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ベルギー > ブリュッセル特派員 > イザベル・ドゥ・ボルシュグラーヴの「紙の世界」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について