トップ > 北米 > アメリカ > ブルックリン特派員 > クイーンズ区にある地元の人に愛されるフラッシング・メドウ・コロナパークってどこなところ?

アメリカアメリカ/ブルックリン特派員ブログ

クイーンズ区にある地元の人に愛されるフラッシング・メドウ・コロナパークってどこなところ?

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年11月16日

クイーンズ最大の広さを誇る公園、フラッシング・メドウ・コロナパークへ行ってきました。地下鉄ではグランドセントラル・ステーションから7ラインに乗車し、終点のひとつ手前「Mets-Willets Point駅」で降車。名前の通り、大リーグ・ニューヨークメッツの本拠地として有名。

テニスのUSオープンがここで行われます。会場は「アーサー・アッシュ・スタジアム」。

IMGP1779.jpg


ほかにも万博が開催された時に作られた巨大な地球儀のオブジェが見もの。夏にはこの真下が噴水となり、それ以外はスケートボードやローラースケートが楽しめます。

IMGP1784-2.jpg


公園内には美術館や動物園も。

ニューヨークでは、比較的新しいクイーンズ美術館。
IMGP1777.jpg


サイエンス美術館。
この日はレゴの展示が開催されていました。ここは体験型ミュージアムとして、大人はもちろん、子供にも大人気。この日も家族連れが多かったです。
IMGP1775.jpg


この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

トワンブリー

アメリカ・ブルックリン特派員のトワンブリーが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ブルックリン特派員
名前:トワンブリー

トワンブリー

「海外で仕事をしたい」という夢を叶える為に、2001年に渡米してきました。英語学校、専門学校を経て、遂に夢だった仕事に就き、今はブルックリンで二人の子育て真っ最中。写真を撮ることが趣味なので、あちらこちらへ観光者のように散歩しながら楽しんで撮っています。マンハッタンへは行ったことがあるけれど、ブルックリンにはまだ足を踏み入れていない方、いつか来てみたいと思っている方ヘ、こちらでの生活や文化を中心にお届けしていきます。

ブルックリン特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ニューヨーク(ニューヨーク)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ブルックリン特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ブルックリン特派員 > クイーンズ区にある地元の人に愛されるフラッシング・メドウ・コロナパークってどこなところ?

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について